マジか…7割夫婦が「人前で●●」OK!結婚生活の意外な熱々ぶりが判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少子化・晩婚化・離婚率の上昇、結婚に積極的になれない独身男女が増えている中、20~80代の既婚者573名(男性249名、女性324名)に夫婦間のコミュニケーションについて意識調査したところ、意外なアンケート結果が得られました。

実施したのは、ワタベウェディング株式会社。“結婚は人生の墓場”なんていう言葉もありますが、実際はちょっと違うようです。

今回は、アンケートの結果と、マンネリしがちな関係に新鮮感を出せる、ちょっとした楽しみ方をご紹介します。

 【恋愛の人気記事はこちらから】

 

■既婚後は愛妻家になる人が多い!?

パートナーの趣味嗜好について理解しているかどうかの質問で、「怒るポイントを知っている」については、約8割以上の男女が理解していることが判明。

「笑いや感動のツボを知っている」「考えていることに興味がある」など、男性の方がパートナーへの関心が高いことも明らかになっています。

「一緒に外出したり話し合う時間を持っている」と答えた人は全体の8割にものぼり、「男性の上司は常日頃結婚について愚痴を言っている」という独身男女のイメージを覆す嬉しい結果が出ています。

人から愛妻家(愛夫家)と呼ばれる人は約半数だったようですが、約7割以上の人が「人前でも手をつなげる」と回答。「愛していると言っている」というのも男性の方が多く、淡白ながらも妻を愛する日本人男性像が浮かんできます。

 

■喧嘩心が後を引くのは意外や意外、女性だった

「喧嘩してもすぐに歩み寄ることができている」については、男性73.1%であるのに対し、女性は67.6%と5.5ポイントの差があり、男女間でややギャップがみられます。

男性は解決策までたどり着ければ、喧嘩を行程として理解できるようです。一方女性は感情的になりやすいとも言われているので、とことん話し合わないとすっきりできないのかもしれませんね。

 

■両親へのプレゼントにも人気のバウ・リニューアル

とはいえ、長年結婚生活を続けていると、マンネリしてくるのも事実です。そこでおすすめしたいのが、夏の旅行で“バウ・リニューアル”を行ってみることです。バウ・リニューアルは、結婚記念日やお子様の結婚式など人生の節目にお互いに感謝し、夫婦間の絆をあらためて深めるためのセレモニー。

ハワイでは結婚するカップルを対象に、新郎新婦のご両親にバウ・リニューアルをプレゼントするプランをセットにした結婚式もあるのだとか。

take a bowとは“お辞儀をする”という意味ですが、特に結婚式の誓いの意味合いで使われる言葉です。バウ・リニューアルとは、この“お辞儀=誓い”をもう一度リニューアルするという意味が込められているのですね。

 

■旅行先での思い出作りの一案に

友人をたくさん呼んだり、会場を予約したり。そんな大げさなことをしなくてもふたりきりで正装をして海に向かって再度、愛を誓い直すというのもロマンチックですよね。

イベント好きなカップルなら、結婚記念日にパーティに友達を招いて盛り上げるのも楽しそうです。お子さんがいるカップルなら、全員で参加する“家族の絆”記念日にしても素敵です。

 

大切な家族と記念になるイベントをすることで、数年間はフレッシュな気持ちでいられそう!? 日頃は淡白な旦那様も、家の外では愛妻家の一面をみせているかもしれません。たまには旦那様にも優しくしてあげてみてくださいね。

 

【関連記事】

結婚の意外事実!既婚カップルの37%が「一度別れた経験アリ」と判明

食事とLINEで命取り!? 「男が恋愛したくない」女子の特徴まとめ

生理痛に不妊…女子必読!温めるべきは「デリケートゾーンのツボ」

正直イラッ!独身女性を敵に回す「既婚女性」の無神経NGワード

※ 毎朝たった2分!二重あごもスッキリ「顔痩せ」速効ゴリゴリ術

 

【姉妹サイト】

※ ここは譲れない!女子がお金をかけてる化粧品1位は美容液、2位は

※ 同僚にはバレバレ!働き女子の「恋愛スイッチが入った」ありがちな変化3つ

 

【参考】

※ 愛妻家に関する意識調査発表 – ワタベウェディング株式会社