あきらめた人から「夏もぽっこりお腹」確定!自力で腹痩せエクサ3選

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピタッとしたトップスを着るときや、水着を着るとき……。お腹がポッコリしていると、人前に出るのを躊躇してしまいますよね。しかも、本格的な真夏は、すぐそこまで来ています……。

今年は、「ゆったり系のトップスで過ごそう」「水着は諦めよう」そう思っているそこのあなた!

今回は、今からでも間に合う“お腹痩せ”エクササイズを集めてみました。

  【エクササイズの人気記事はこちらから】

 

■1:通勤バッグで引き締めエクササイズ

「出社前にウエスト引き締め!通勤バッグで“くびれ作り”エクサ」では、『美レンジャー』ライターでパーソナルトレーナーの小林麻利子さんが、働き女子にオススメの通勤バッグを使ったエクササイズを紹介しています。

(1)骨盤幅に脚を広げ、お腹とお尻に力を入れて立つ。通勤バックを左手に持ち、右手は頭の後ろに添える。

(2)次に、左側に体を曲げ、通勤バッグを地面におろす。右側のわき腹が伸びているか確認する。

(3)ゆっくりと体を起こして、反対側に曲げる(30回×3セット)。

外腹斜筋・内腹斜筋というわき腹に位置する筋肉には、体幹を前や横に曲げたりねじったり、骨盤を安定させたりする作用があります。骨盤が安定すると、血行が良くなり、基礎代謝がアップ。スタイル改善効果に期待できます。

 

■2:腰を“8の字”に回すエクササイズ

「3か所だけキュッ!紗栄子流“美スタイルにごまかせる”魔法の秘訣」でお伝えしているのは、足を肩幅に開いて立ち、腰に手をあて、腰全体でゆっくり大きく“8の字”を描くというエクササイズ。

このように、腰を大きく動かすことで、骨盤の位置が整い、内臓が持ち上げられるため、ぽっこりお腹がへこんだり、内臓が正しい働きをするようになったり、太りにくい体を作ってくれるのです。さらに、わき腹への刺激がウエストラインに効いて、くびれを作るのにも効果的。

まずは1日3分、腰を回してみましょう。

 

■3:椅子に座ったままできるエクササイズ

最後に紹介するのは、椅子に座ったままできるエクササイズです。「オフィスでこっそりできる“ぽっこり腹”をなくす簡単エクササイズ」にある下記の4つのエクササイズなら、オフィスや家にいるときでも取り入れることができます。

(1)背筋を伸ばして椅子に浅めに座り、両手で座面を掴んで体を支える。そして、両膝をくっつけたまま、足を床から15センチほど浮かせて10秒キープする。

(2)お腹に思い切り力を入れてへこませ、10秒キープ。ゆっくり元に戻したら、5回繰り返す。

(3)椅子に浅めに座り、上半身がぶれないように腰からひねって半転させる。その姿勢を10秒キープし、左右各5回ずつ行う。

(4)椅子に浅めに座り、背中を丸める。上半身を背もたれに向かってゆっくり起こしていき、背中がつく直前で止めて10秒キープする。

椅子に座っているときというのは、ついだらしない姿勢をとりがち。だらしない姿勢は腹肉を増やすので、“姿勢を正すこと”も意識したいですね。

 

以上、夏までにお腹周りをスッキリさせるエクササイズを紹介しました。ちょっとした隙間時間に取り入れられるものが多いので、通勤前やオフィス、家にいるときなどに行なってみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 下半身デブに…直結!「人生だいたい大根足な人」の悲劇的NG習慣

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【姉妹サイト】

※ ほぼこの5パターンに当てはまる!? 男性が浮気に走る本当の理由

※ 会社でクサッを回避!「梅雨どきの洗濯悪臭」を漂わせない秘訣3つ