くさい汗のニオイから解放されてサラサラ汗をかく方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

汗が気になる季節。今年は特に節電の動きもあって、室内に居ても暑い……という状況が増えそうです。汗をかく機会が多い分、自分の汗のニオイが気になる人にとっては、「ドキドキしっぱなしで仕事に身が入らない!」という声も。そんなピンチの状況に、自分でできる『汗トレーニング法』をご紹介します!

汗の中でも、ベタベタの臭いが強い汗と、さらさらしたあまり臭わない汗の二種類があるってご存知ですか? 『汗のニオイにはにおうものとにおわないものがある!?』でも紹介されていますが、汗は『汗腺』と呼ばれる部分から発生されます。その汗腺の働きを良くすることによって、汗の質を高めることができるのです!

その方法とは、ズバリ『代謝を高めること』! 代謝を高める方法はたくさんありますが、夏でも取り組みやすいオススメの方法は下記です。

 

■冷房を控える。

常に涼しい部屋にいる状態に慣れてしまうと、外に出たときドーッと汗が出てくる原因に。暑いという状況に慣れることも大切です。

■温かい飲み物を飲む。

夏だからと冷たい飲み物をがぶがぶ飲んでいると、身体を冷やす原因にも。身体を温めれば代謝がアップするので、なるべく温かい飲み物を飲むようにしましょう。

■毎日半身浴をする。

汗腺の働きを改善するのにオススメ。1ヶ月ほど続ければ、ほぼ改善されると言われています。暑い日には、ミントの香りのクールタイプの入浴剤を入れてもOK。また、下記のお風呂も手軽にできるのでオススメです。

 

【汗のニオイをとるオススメのお風呂】

・緑茶風呂・・・殺菌・消臭効果があることでも知られている緑茶。ティーパックのものを2~3袋湯船に入れるだけでできます。

・酢風呂・・・お酢や黒酢を入れるだけ。クエン酸や酢酸の働きによって代謝を高め、雑菌の増殖を防いでニオイを抑えます。

代謝アップには運動することが手っとり早いのですが、この時期は熱中症の危険性もあるので、一概に外で運動をするのが良いとは言えません。家の中にいてもできる簡単なことから、始めてみてはいかがでしょうか?