私の疲れ目…「眉こり」かも!目の酷使が引き起こす顔トラブル4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホやパソコンの長時間使用で、目を酷使している方が急増中。作業を終えた後、「なんとなく目が重い」「目元周辺に力が入ってしまっている」という方も少なくないのでは? 

これを、「ただの目の疲れ」だと放っておいては、さまざまな顔トラブルの原因となる“眉こり”を引き起こすことになるかも……。

そこで今回は、“眉こり”が引き起こす顔トラブルと、その改善策をご紹介していきたいと思います。

 

■眉こりが引き起こす顔トラブル

目を酷使しているときというのは、まばたきの回数が減ります。すると、目元周辺の血行が悪くなり、老廃物が溜まってしまいます。さらに、目をこらしたり、力を入れたりしながら作業をすることで、目元は緊張状態に。このような状態が続くと、眉の筋肉まで疲れて固まり、こりが発生……。

では、眉がこると、どのような顔トラブルが起こるのでしょうか。

(1)眉の上がポッコリと盛り上がってしまう

(2)眉に力が入って、表情が不自然・固くなる

(3)眉間にシワができる

(4)目力がダウンする

眉をつまんだときに痛みを感じる方は、すでに眉がこっている可能性があります。下記のマッサージを取り入れて、眉こりを解消させましょう。

 

■眉マッサージの方法

(1)親指と人差し指で眉をつまみ、眉頭から眉尻に向けてもみほぐす×5回(トップ画像を参考に)。

(2)眉頭から眉尻に向けて、眉をなぞる×5回。(下画像参照)

 

目の周辺は、皮膚が薄い場所。眉マッサージをするときも、力を入れすぎないようにしましょう。

朝おこなうと目がパッチリし、夜おこなうと疲れ・こりがほぐれる眉マッサージ。1日2回、習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ 洗顔は3位!1位は…「すっぴんに自信がある女性」意外な朝習慣

生え際後退!? みるみる「おでこが広くなる」女子の悪習慣4つ

幸せを遠ざけてしまう「眉間のシワ」の原因となるNG生活習慣3つ

※ 知らないと大損…「痩せやすいor痩せにくいパーツ」違いは何?

※ 乾かし方でキマる!仕上がりプロ級「イイ女風ふんわりヘア」作り方

 

【姉妹サイト】

※ ギュッとしてダラ~ン!たった3分でストレスが吹っ飛ぶ神テクとは

※ ミス連発!働く女子が「睡眠不足を絶ッ対に回避すべき」納得の理由5つ