いつもの朝にチョイ足しするだけ!「朝だから効く」便活&痩せ習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日中の気温は高くても、朝・晩は涼しく過ごしやすいのがこの季節の良いところ。せっかくの良い季節を利用して、朝活を始めてみようと思っている方も多いのでは? 

ですが、いきなり不慣れなことを始めても、長続きしませんよね。そこで今回は、初心者さんでも取り入れやすい“朝活”を集めてみました。

 

■1:積極的に歩く

「起床後ムダに過ごしてない?体も気分もスッキリ“朝の痩せ習慣”3つ」では、体も心もスッキリさせてくれる朝活を紹介しています。

(1)目覚めのストレッチをする

(2)朝食を摂る

(3)積極的に歩く・階段を使う

“交感神経”には、脂肪を分解して、熱を生み出す働きがあります。そして、この交感神経が優位になる“朝”に運動をすることで、ダイエット効果が得やすくなるそう。

通勤・通学時に一駅分多く歩いたり、駅や会社では階段を使ったりするのも良さそうですね。

 

■2:肩甲骨ストレッチをする

普段から、ジムに行ったり、ランニングをしたりする時間・習慣がないという方にオススメしたい朝活は、「最強の1分朝活!肩甲骨ストレッチで“1日中脂肪が燃えやすい体”に」で紹介している肩甲骨ストレッチ(空手を取り入れた女性向けエクササイズの講師・鍛冶亜友子さん監修)。その方法は、下記のとおりです。

(1)ベッドに浅く腰掛け、足を肩幅に開く。腕は肩の高さに上げ、真っ直ぐに伸ばす。

(2)左右の肩甲骨をくっつけるようなイメージで、両腕をゆっくりと後ろに引く。肩に力が入らないように意識し、息を吐きながら5秒かけて引いていく(引けるところまでグーッと引くのがポイント)。

(3)「もうこれ以上引けない」というところまで引いたら、肩甲骨周辺の筋肉が刺激されているのを感じながらその状態で5秒キープ。その後、ゆっくり5秒かけてもとの位置に腕を戻す。

食事で摂った余分なカロリーを燃焼してくれたり、熱を作り出して体温をあげたりする働きがある“褐色脂肪細胞”を活性化させることが、脂肪が燃えやすい体づくりにつながります。毎朝4セットおこなうと良いそうです。

 

■3:“ながら便活”をする

朝、排便を済ませてスッキリしたいという方は、「ウン快調!出勤前にスッキリ出したい人の“朝のながら便活”5つ」にある次の“便活法”を参考にしてみては?

(1)コップ1杯の水を飲む

(2)歯磨きをしながら“の”の字マッサージをする

(3)洗顔をしながらスクワットをする

(4)上半身をひねりながら着替えをする

(5)腹式呼吸をしながらメイクをする

どれも、身支度を整えながらできるものばかり。これなら、忙しい朝でも“便活”ができますね。

 

朝の過ごし方をひと工夫して、暑い季節も元気に美しく乗り切りましょう! 

 

【関連記事】

たったの30秒でOK!冷え・便秘を解決する「●●を飲むだけ」朝活法

※ 乾かし方でキマる!仕上がりプロ級「イイ女風ふんわりヘア」作り方

 

【姉妹サイト】

※ 新婚と言えるのは何年まで?●年経ってもトキメキが続く魔法があった

※ 東京でも大阪でもない!「ワーママが多い都道府県」意外な共通点が判明