何が何でも7月まで痩せたい人が「ファミレスで避けるべきこと」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニのように身近にあって便利なのが、ファミリーレストラン。しっかりご飯を食べたいとき、スイーツを楽しみたいとき、カフェとして……さまざまな利用の仕方ができるのが、ファミレスの魅力です。

でもダイエット中だったり、美容と健康を考えるのなら、数あるメニューの中からどうやって料理を選ぶべきか、ちゃんと考えてみませんか。ドリンクバーやデザートメニューなどでも、ファミレスでついやってしまいがちなNG行動について、ご紹介します。

 

1:ごはんセットを迷わず注文

ハンバーグやお肉のソテーなどボリュームのあるメイン料理を食べるとき、当然のようにご飯を一緒にオーダーするのはアウト。肉料理でも単品で注文できるのがファミレスの魅力ですから、そんなガッツリメニューを食べたいときは、ご飯は我慢するのが賢い選び方です。

ご飯の代わりに、サラダや野菜スープなどを食べれば栄養面でも優れ、カロリーも抑えられるでしょう。

 

2:ドリンクバーで糖分摂り過ぎ

ファミレスで人気なのが、ドリンクバー。ランチを頼めばセット割引になるところもあり、気軽に利用できます。でもドリンクバーで、糖分がたっぷり使われたジュースをがぶ飲みしていてはNG。コーヒーや紅茶類の飲み過ぎによるカフェインの摂取なども気を付けたいところ。

長居して何度もドリンクバーを行き来するなら、ドリンクの選び方もしっかり気にかけましょう。

 

3:せっかくのカロリー表示を無視

多くのファミレスでは、メニューにカロリーや塩分の表示を行っています。空腹のときはつい自分の食欲のままに食べ物を選びがちですが、ファミレスに行ったのならぜひ、せっかくあるカロリー表示を利用して、食べ過ぎをセーブしましょう。

 

4:濃い味付けで塩分摂り過ぎ

外食ではやはり塩分も気になるところ。塩分の摂り過ぎは、体のむくみを増長し、リンパの流れを悪くするなど、ダイエットの敵です。メニューに塩分量も表示されているなら、ぜひ参考にして塩分量が多過ぎていないかチェックしてください。

 

5:小皿料理を頼まない

サラダからスープ、アルコールのおつまみにもなるようなものまで、小皿料理が充実しているファミレスが多くあります。ダイエット中なら、メインの料理だけに目を向けるのではなく、これらをうまく利用すべき。

メインに野菜を使った小皿料理を一品プラスすれば、栄養バランスが良くなります。それほど空腹でないならメインは避けて、小皿料理を複数組み合わせるだけでもOK。

 

料理をどうやって組み合わせてどうやって利用するか。料理の選択肢が多いからこそ、美意識の高い人とそうでない人で、差がついてくるものです。夏本番の7月までに痩せたいと願う方は、ぜひ賢くファミレスを利用して、ダイエットを乗り切りたいですね。

 

【関連記事】

ちょっとマッタ!痩せたいなら選んじゃダメ「コンビニ弁当」あるある

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

※ 「痩せすぎ基準」身長155㎝だと●kg!BMI18以下モデルはNG…仏法案

※ 毎日1分!キューッと「ウエストがくびれる」ながらエクサ

※ 知らないと大損…「痩せやすいor痩せにくいパーツ」違いは何?

 

【姉妹サイト】

※ 同僚との友情にも亀裂が!やらかしがち「SNSダメ投稿」パターン3つ

※ え…日焼けするとできやすいの!? 知らないと怖いセルライトの真実5つ