意外とみんな知らない「太らない体を作る方法」とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い日が日に日に増えてきましたね~! その分、薄着になる季節に……。冬や春に蓄積されていた脂肪が取れなくて未だについている方のために、今回は痩せやすい体を作るテクニックをお話したいと思います。

ちなみに、私がビューティコーディネーターとしての仕事中、「運動していますか?」とお客様に尋ねると、「特にしていません」という答えが圧倒的に多いです。中には、「流行にのって、ウォーキングやジョギングを始めた~!」という方もいらっしゃいますが滅多にいらっしゃいません。

運動しないで痩せる方法は確かにあります。しかし、健康も考えると運動をするのは避けて通れません。

 

■年々、太りやすくなっていくって噂はホント!?

人間は、生活リズムは特に変わっていないのに、年々太りやすくなっていくもの。その理由は、筋肉が年齢と共に減っていくからなのです。筋肉があると、脂肪が燃焼されやすくなります。そのために、脂肪が落ちやすくなってくるのです。

筋肉量が増えると、酸素が豊富に取り込められるようになって代謝や細胞の再生力も高まり、血液やリンパの流れも促進されるので、美肌効果にも抜群です。

こちらについては以前、『海外セレブ『マドンナ』に学べ! 不老美女になるためには!?』で“筋トレをして若返りを図る”お話をさせていただきましたので、重ねてお読みくださいませ!

 

■太らない体を作るにはどうすればいいの?

脂肪を燃焼しようとするのではなくて、基礎代謝を上げるために運動をすることがポイントなのです。女性の一日の消費カロリーは、大体1,600~1,800キロカロリーであるとされています。しかしこれは、筋肉があるかないかでかなり違ってくるのです。

つまり、筋肉をつけると自然と基礎代謝も上がって、消費量も上がるということ。イコール脂肪は自然に落ちていくのです。無理な筋トレをしろとは言いません。手っ取り早いのは、歩くことが一番! ウォーキングは、道路ではなく土の上を、できるだけ大股でさっさと歩くようにしましょう。直線の上を歩くイメージで、肘は90度にして、目線は10メートル先を見て歩いてください。

この時、ヒールや革靴ではなくて、きちんとしたウォーキングシューズを履くことをオススメします。それは、きちんとした履物でないと、筋肉疲労を起こしてしまったり、偏った筋肉がついたりしまうからなのです。また、荷物を持って歩くと体重のかかり方のバランスが崩れてしまうので、できるだけ手ぶらにしましょう。腕も大きく振って、なるべく少し息の上がるくらいの早さで歩くようにしてくださいね!

また、サイクリングもオススメです。余談ですが、私ことビューティーコーディネーター平野宏枝は趣味がサイクリングなので良く都内を走っています。サイクリングの時は、20分以上はペダルを漕いでください。スピードは、足が疲れるくらいがベターですよ。

ウォーキングやサイクリング以外にも、手軽に取り入れられる運動は水泳、ジョキングなど沢山あります。是非、自分に合ったものを見つけて、日常に取り入れてみましょう。

 

■どうしても時間的にも運動が無理という方は……。

ここまでで、いかに運動が大切かをご紹介しましたが、「頭ではわかっていても物理的に難しい」という方も多いと思います。そんな方は、以下のような運動も効果がありますよ。

・エスカレーターを使わない。

・できるだけ毎日歩いて買い物に出かける。

・電車やバスでは座らない。

・夜遅く帰る時はいつもより一駅多く歩く。

・リモコンを使わない。

・よく使うものは左側や遠くへ置く。

・歯磨きの時はつま先立ちでする。

・電話する時は立ってする。

・とにかく体を伸ばしてストレッチをまめにする。

 

このような、ちょっとした運動でも筋肉になります。「運動は疲れるからいやだ」という苦手意識を、「健康のために頑張らない程度に運動する」のように健康志向に変えて、夏直前に痩せやすい体を作っていきましょうね!