日本とは真逆!太っていても認めたがらないアメリカ人

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6月だというのに、すでに真夏のような暑さの日々が続いていますね。なしくずし的に薄着の季節に突入してしまい、「この体型ではヤバイ!」とダイエットを決意した人も多いのではないでしょうか。

しかし中には、誰が見ても太っておらず、やせる必要などまったくないのに「やせなきゃ!」という人もいますよね。日本女性のやせたい願望はとても強く、最近は10代などの若年層にもその傾向が広がっているというデータもあります(※1)。

 

では、他の国ではどうなのでしょうか? ダイエット情報発信サイト『microdiet.net』(※2)の記事によると、肥満大国であるアメリカではまったく逆の傾向にあることがわかったそう。

アメリカの男女に肥満度に関する調査を実施したところ、BMI(体重指数)により『太り気味』とされた30%の人が“自分は標準体重”だと認識しており、『肥満』のグループの70%が“ちょっと太り気味”であると自らを評価しました。また、『過剰な肥満』グループは39%が“肥満気味”であると回答。いずれも、自分の肥満度合いを低く見積もっていることが明らかに!

自分に自信を持ち、自己評価が高いというのは素晴らしいことですし、見習うべきだとも思います。しかし、肥満であることを正しく認識していないとなると、健康上のリスクも伴うので注意が必要かもしれません。

 

ちなみに、『肥満』の基準となるのはBMIという数値で、Body Mass Index(肥満指数)の略。『体重(キロ)÷身長(メートル)の2乗』で算出できます。今回の調査が行われたアメリカでは『肥満』とされるのはBMI25以上なので、例えば身長160センチの女性なら、体重は64キロという計算に。

厚生労働省のサイト(※3)によると、日本ではBMI18.5~25までが『普通体重』とされており、BMI18.5未満は『低体重(やせ)』となります。「やせなきゃ!」と焦っているあなたも、ひょっとしたら痩せている部類に入るのでは? 無理な食事制限など、過度なダイエットは禁物ですよ。

 

【参考】

※1. MSN産経ニュース:「太っている」日本の女子高生、思いこみトップ 自信不足?日米中韓の調査で判明

※2. 太っていても、「私は太ってない!」と言うアメリカ女性 - マイクロダイエットネット(microdiet.net)

※3. 厚生労働省:肥満って、どんな状態?