箸か手か…悩む!「高級寿司店」で空気が一瞬凍るNGマナー7つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気軽に入れる回転寿司とは異なり、カウンターの高級寿司店を訪れるときには知っておきたいマナーがあります。そのマナーを良しとするかどうかは、お店によっても異なりますが、大人女子なら意識したい最低限のマナーが存在します。

そこで今回は、高級寿司店で気をつけたいNGマナーを7つご紹介します。

 

■「おあいそ」は間違い!高級寿司店のNGマナー7つ

(1)専門用語の使用はNG

お会計時に「おあいそ」、お茶のことを「あがり」と言う人を見て、「高級寿司店ではそう言わなければならないんだ……」と思い込んでいる女性は少なくありません。しかし、そのような専門用語は実は使用しない方が良いのです。

なぜなら、あがり、ムラサキ(お醤油)などの専門用語の多くは、本来職人さんが使用する言葉であり、お客さんが使用する言葉ではないからです。また、おあいそはお店側が使用する言葉であり、お客さんが使うとお店に対して失礼にあたるので使用は控えてくださいね。

(2)ネタをシャリから離して醤油をつける

醤油をつけるとき、ネタからシャリを一度離して醤油をつけ、またシャリの上に戻すのはNG! 上手くつけられないという人は、寿司を一度横に倒してネタとシャリを一緒に箸で挟むと安定するので試してみてくださいね。

(3)箸を寿司下駄の上にのせる

寿司がのせられる“寿司下駄”に箸を置くのはマナー違反。必ず箸置きに置くようにしてくださいね。箸置きが無い場合は、醤油を入れる小皿の端にのせてもOKです。

(4)寿司を一口で食べず噛み切る、箸で半分にする

基本的に寿司は一口で食べるもの。口に入ったときのバランスまで計算されて作られています。それを半分で噛み切ったり、箸で半分にしたりするのは控えたいところです。

(5)出された寿司を長時間放置する

おしゃべりに夢中になり、出された寿司になかなか手をつけないのはNG。出された寿司はできるだけ時間を置かずに食べるようにしてくださいね。

(6)無断で写真をパシャパシャ撮る

寿司や職人さんの写真を無断で撮るのは、控えたいところ。中には写真NGのお店もあります。一言断り、周囲の迷惑にならないよう音が出ない設定で撮影するのがスマートです。また、出された寿司を長時間放置しないように、写真は短時間で撮るのがベストです。

(7)香水のつけすぎ

香水の香りが強いと、せっかくの寿司の香りや味が楽しめなくなってしまいます。自分だけならまだしも、周囲のお客様の食事の邪魔になる可能性も。

 

■頼む順番は気にせずOK! 最低限のマナーを意識しておいしく楽しむ

最低限のマナーを守りさえすれば、あとは難しく考えすぎる必要はありません。例えば多くの女性が悩みがちな注文の順番も、実は特にルールはありません。好きなものから注文してOKです。淡白な味のものから食べすすめるのがおすすめですよ。また、“おまかせ”のコースを頼むのもおすすめ。

これも悩む女性が多いかと思いますが、食べるときは箸を使用しても、手で食べてもどちらでもOK。食べやすい方を選んでくださいね。

 

これらを参考に、最低限のマナーを守っておいしい寿司を堪能してくださいね。

 

【関連記事】

アウト!勝負ディナーで恥かいちゃう「フレンチのNGマナー」8つ

赤っ恥女性多し…!「意外と知らない」イタリアンでの本当のマナー

「え…それもダメなの!?」実は結婚式ではNGなファッション8つ

知らないと赤っ恥!全然丁寧じゃない「失礼な電話応対マナー」5つ

※ ハイ簡単!「伸ばしかけ前髪」が驚くほどキマるモテアレンジ

 

【姉妹サイト】

●●すればシアワセになれる!調査でわかった「お金と幸福感」の密な関係

※ 早く教えてよ!ぽっちゃりお腹を「夏までにぺったんこ」にする秘策