「8時間」が痩せボーダー!米で話題…食べるダイエット成功の秘訣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べたいけど、痩せたい……これって永遠のテーマな気がしませんか。そんな欲張りな私たちに朗報です。なんと、食べながら痩せられて、しかも運動もしなくていいという、とっておきのダイエット方法を発見! 

早速、気になるその中身をご紹介しちゃいます。

 

■ルールは時間帯だけ!8時間ダイエットの秘密

アメリカで話題になった『8時間ダイエット(The 8-Hour Diet)』は、1日8時間は何を食べても大丈夫、そのかわり、残りの16時間は何も食べないというダイエット方法。

消費カロリーよりも、摂取カロリーが上回るような生活を続けていれば、やがて肥満につながってしまいます。

ということは、8時間の間に摂取したカロリーを、次の16時間の間に消費してしまえば、太ることはないという理論です。食べたいものは、8時間の間か、翌日に食べるようにすれば、続けられそうな気がしませんか?

 

■今日から早速!“8時間ダイエット”実践するコツ

例えば、午前9時から午後5時までの8時間、もしくは正午から午後8時までの8時間など、自分のライフスタイルにあわせて、何を食べても良い8時間を決めましょう。生活に取り入れやすい時間帯を自分で設定すると良いです。

朝がゆっくりな方やお休みの日には、朝ごはんを遅い時間にしてブランチにしたり、ランチの時間が調整できる方は、ランチを少し遅めの時間にして空腹感をコントロールしたりと、ライフスタイルに合わせて、自己流にアレンジしちゃいましょう。

 

■週休4日制で!まずはお試しもOK

とはいえ、女子会や会社の飲み会など、いきなり毎日取り入れるのが難しいという方も多いはず。そんな方は、週に3日程度行うだけでも効果が期待できます 。ダラダラと食べてしまっている習慣から、胃を休ませてあげる習慣を取り入れていくのがポイントです。

それでも、やはりお腹が空いてしまう時は、8時間以外は飲み物やスープ、お味噌汁のみにするなど、出来そうなことから取り入れてみてはいかがでしょうか。特に、お味噌汁は、味噌に含まれるタンパク質が、満腹感を高めてくれるのでダイエットの強い味方ですよ。筆者も、自宅に数種類の味噌をストックしておき、お味噌汁の味に飽きないようにしています。

 

いかがでしたか。運動も食事制限もせずに、ダイエットに成功しちゃいましょう!

 

【関連記事】

※ あさイチ出演!26kg減の「やせるおかず」著者…激推し最強レシピとは

※ やらなきゃ損!目ヂカラぐ~んとUP「マスカラの塗り方」基本のキ

※ お疲れ女子の秘策!「朝までにキレイになる」寝る前習慣4つ

※ 便秘解消に食欲抑制…まだまだある!「レモン」がいま大絶賛の理由

※ YOUから盗め!「白ワンピが一気に洗練」大人可愛い春コーデ術

 

【姉妹サイト】

※ もうケンカしない!夫婦で「お金の問題」を平和に話し合うコツ3つ

※ これスゴイ!仕事中のパソコン作業時間を驚くほど短縮できる3つの小ワザ

 

【参考】

※ 8-Hour Diet: Dietician Explains How It Works(And Doesn’t) – The Huffington Post UK