ゲッ…私も!「太ると顔に出る人」がほぼ見落としてる意外原因とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ちょっと太ったかな……」と自分で何となく感じる程度の体重増加であっても、すぐにほっぺたが丸くなって顎のラインもゆるむなど、体重の変化が顔に出てしまいがちな方はきっと多いはず。

顔が太るのはイヤだけど、「そういう体質だからしょうがない」と、諦めていませんか? 実はそれ、単なる体質やタイプの問題ではなく、原因があり、その予防策もあるんですよ。

 

“太った”のではなく“むくみ”かも!?

わずかな増量なのに顔が全体的に大きく見えてしまうのは、脂肪が顔についたのではなく、顔がむくんでいるだけの可能性も。

そもそも体重が増えてしまうのは、単なる食べ過ぎや飲み過ぎのこともありますが、体の代謝が悪くなってしまっている可能性も高いのです。そのため、老廃物が体内に溜まってきているとも考えられます。

体外に排出されずにいる老廃物が上半身、特に顔の方に溜まってしまって、顔に肉が付いたと勘違いしてしまうのです。

また、人が表情を作るときに使う表情筋が年齢と共に衰えてきてしまい、筋肉がたるんでしまうことによって顔がだらんと垂れたり、歪んで見えてしまったりすることも考えられます。

 

顔のおデブ化に効果的な予防策は?

では、そんな状況を起こさないために、どうしたらよいでしょうか?

まずは顔に老廃物が溜まってむくまないように、顔や首のマッサージを日頃から行う習慣をつけておくと良いでしょう。もしも顔がむくんだ、顔が太って見えると思ったら、普段より念入りに首や顔のリンパマッサージを行うと良いです。

また表情筋が衰えてしまわないように、普段から表情筋をよく使うように意識することが大切。誰かと話すときは表情を大きく作って動かすようにしたり、「あいうえお」と大きく口を動かすなどしましょう。特に1人暮らしで人と話す機会が少ない人は、表情筋を使う場面が少なく、知らないうちに筋肉が衰えがちになります。

 

今まで顔が太りやすいタイプだと思い込んでいた方でも、きちんとむくみをとることができれば、「顔に肉がついた」とか「また顔が太った」なんて思うことも少なくなるでしょう。

 

【関連記事】

顔太りにサラバ!ほっぺの「ぽっちゃり肉」を落とす簡単裏ワザ

ぽっちゃり見える!「二重あご」がタプタプ育つ意外なNG習慣とは

パンパンの顔に…気持イイッ!自宅の●●で「むくみ解消」0円美容

朝からしないと!7割女子がガッカリ「起床後の顔むくみ」解消法3つ

※ 【動画あり】フェイスライン・口元の表情筋を狙う「必殺小顔エクサ」

 

【姉妹サイト】

※ 老化が止まらない!女子500人が「年を取ったなと感じる瞬間」調査

※ 破裂寸前!20~30代働き女子の「最もストレスを感じる時間帯」が判明