女の敵!ファンデーションの毛穴落ちを防ぐ3つの秘策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

湿気の多い梅雨時や気温が高くなる夏は、化粧崩れが気になりますよね。朝せっかくキレイにメイクしたのに、オフィスに着く頃には毛穴が目立ってファンデーションがドロドロ……なんていう事態でお困りではありませんか?

ぽっかり開いた毛穴の中にファンデーションがたまった状態を、一般的に『毛穴落ち』といいます。気温や湿度が高くなり皮脂が過剰に分泌されてベタつきやすくなることや、紫外線やエアコンの影響で肌が乾燥しやすくなることから起こるもの。これから夏にかけて多くみられる現象でもあります。

そこで今回は、朝のスキンケアやメイクにほんのひと手間加えるだけで、ファンデーションの毛穴落ちを防ぐ簡単テクニックを伝授します!

 

■テクニックその1.メイクの前に、まずは“保湿”をしっかり!

ちょっと意外ですが、じつは化粧崩れの最大の原因は“乾燥”です。乾燥して水分が不足した肌は、自らを守ろうと皮脂を過剰に分泌します。この皮脂が、崩れのもとに。夏の肌は表面がベタついているのでうるおっていると思いがちですが、じつはエアコンや紫外線ダメージによる影響で内部は乾燥している場合が多いのです。そのため、まずはスキンケアの段階でしっかり保湿をしておくことが大切!

化粧水や乳液は肌にたっぷりなじませ、しっかり浸透させましょう。時間に余裕があるなら、シートマスクをするのも効果的です。

 

■テクニックその2.ファンデーションは“厚塗りしない”のが鉄則!

スキンケアが完了したら、下地を顔全体にまんべんなく伸ばし、ファンデーションを塗ります。よく、毛穴が気になるからといってファンデーションを厚塗りする人がいますが、これはかえって逆効果! ファンデーションには油分が含まれているため、塗れば塗るほど崩れの原因をつくり、毛穴を目立たせてしまいます。毛穴が気になるTゾーンや小鼻のほか、シワやほうれい線が気になる目元や口元も、より薄く、ごく少量伸ばす程度に仕上げて。

 

■テクニックその3.“叩き込み”テクで、毛穴への密着度アップ!

ベースメイクを崩したくないなら、ファンデーションはただ“塗る”だけでなく、スポンジでしっかり“叩き込む”ことが大切です。

・リキッドファンデーションの場合
ファンデーションを指で肌に伸ばした後、何もついていないスポンジでトントンと小刻みに叩き込み、毛穴にしっかり密着させましょう。さらに、おしろいをパフにとって押さえるように肌にのせれば、ベースメイクは完了です!

・パウダーファンデーションの場合
肌の上でスポンジでスライドさせるようにファンデーションを伸ばした後、毛穴落ちが気になる部分はトントンと叩き込んで。仕上げに、大きめのブラシで余分な粉をさっと落とせばパーフェクト!

 

いかがでしたか? 明日からさっそく実践して、毛穴落ちとは無縁の快適美肌ライフを送ってくださいね!

 

【関連記事】

※ 表面ベタベタ内部カピカピ…こんなお肌状態の正体は?【インナードライ前編】

※ ベタつくのに何か乾く…「インナードライ肌」対策まとめ【インナードライ後編】

夏こそ肌は乾燥…ってホント?「ヒアルロン酸の2倍の保湿力」に注目!