老化の恐怖!石油系合成成分で「肌年齢が10歳オーバー」は当たり前!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧品成分を把握しないで化粧品を選ぶことで、本来きれいになるために使う化粧品が、肌老化を促進している可能性があることをご存知ですか?

化粧品や美容機器などの新商品が、次から次へと登場していますね。化粧品の成分の研究は進化を続けていますし、時代と共に女性の肌はきれいになっているような気がします。ところが「現実の世界では、真逆の事態が起きている!」とのこと。

元トップモデルでアンチエイジング研究家の宇佐美恵子さんに、現代女性の肌について、ショッキング(!)なお話をうかがってきました。

 

Q. 現代の若い女性の肌の状態を、どのように思われますか?

A.ファッションの専門学校で校長をつとめているので、20歳前後の若い女性の肌はよく目にします。そのたびに“肌年齢は高まる一方”だと感じていますね。実年齢に対して10歳以上も肌年齢が高いことも珍しくありません。

現代女性は、不規則な食生活や睡眠不足、喫煙やストレスなど肌にとって負担となる要素を多く抱えています。それに加えて、多様化する化粧品の成分によって、追い打ちを掛けるように肌年齢が高くなっていると言えますね。

 

Q. 化粧品に含まれるどんな成分が、肌に良くないのですか?

A. 『石油系化学物質』です。それらを配合した肌に負担や刺激となる化粧品を毎日使うことで肌が乾燥してしまうので、若くして吹き出物やシワ・シミができても不思議ではありません。

このままでは、シワやシミが若い年代でも当たり前のことになってしまいます。本当はきれいになるために使う化粧品が、現代女子の肌老化の原因になっていることを知る必要があります。本当に深刻ですね。

 

Q. 最近の化粧品について、どのように思われますか?

A. 最近、化粧品業界が大きく変わってきていると感じます。価格やイメージ重視に偏った化粧品では、石油を元に作られた成分を使っていますね。残念なことに、大半がそうなのですが。

それに対して、美容科学や化粧品の技術を素肌のために有効活用し、100%天然由来の化粧品を作るメーカーも出ています。アンチエイジング研究家としては、当然ながら後者をおすすめして、積極的に普及に努めています。

 

Q. 肌老化を進ませないために、宇佐美さんのおすすめしたい化粧品を教えてください。

A. 石油系成分を使用した化粧品ではなく100%天然由来成分の化粧品です。例えば『リソウコーポレーション』の化粧品。原料を自社で無農薬栽培したり、製造段階でも天然を維持する生命体技術を用いるなど、これまでの天然化粧品や無添加化粧品に対しても一線を画する、本物のエイジングケア化粧品ばかり。私自身が愛用しています。

 

Q. 基礎化粧品ではなく、ファンデーションに関しては、どのようにお考えになりますか?

A. 基礎化粧品は肌に良いものを選ぶよう意識しても、ファンデーションになるとカバー力に気をとられ、肌への安全性は忘れてしまいがち。これでは結局、肌を老化させてしまいますよね。

『リソウコーポレーション』の『リペアファンデーション』は、生命体という肌細胞を活性化する成分を配合。もちろん100%天然由来ですし、つけている間、美容パックのような効果まであるんですよ。石油系の合成成分等によって肌に負担を与えたり、肌老化の原因になることが取りざたされている今、まさに救世主のようなエシカル(倫理的)な商品。

素肌に若くしてシワやシミといった肌トラブルを起こさないためにも、ぜひ本当に有効な化粧品選びを行って頂きたいと思っています。

 

最近は、発色の良いメイク用品やメイクテクニックの向上で、一見きれいな女性が増えているような錯覚があります。でも“素肌”を見てみると、実は昔より老化が進んでいる……という、恐ろしい事実があるのですね。

あなたの肌は大丈夫ですか?

 

【参考】

織田ファッション専門学校・織田きもの専門学校

【公式】リソウコーポレーションの基礎化粧品 – 化粧品・美容コスメ通販