文化の違いに仰天…こんなにも違う海外と日本のマナー【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ではあたりまえだと思っているマナーも、実は様々なギャップがあります。海外旅行にいくと目の当たりにした経験はありませんか?

以前テレビでやっていた、海外から日本へ旅行へ来た外国人に“日本人のおかしいマナー”をインタビューした特集では、海外から来た人は、電車やバスの中でお母さんが立って子供が座っている光景や、居酒屋さんで注文を取りに来た店員さんが「お客様と同じ目線になるように膝をついたり、かがむ姿勢をとるという行為が考えられない」と言っていました。

そんな日本や海外でのマナーのギャップ、どんなものがあるのかちょっと気になりませんか? 今日はそんなびっくりマナーをご紹介したいと思います。

 

■海外の大部分で

・電車での乗り越しはNG !

私がオーストリア・ウィーンへ行った際、日本では当たり前の電車の乗り越しを行ったら『不正乗車』とみなされ罰金を支払いました。

他には、海外の大部分でこんなギャップがあるそう。

■アラブ諸国

・食後は手を洗いに席を立つ

アラブ諸国では手を洗いに席を立つのが、「ごちそうさま」という意味なんだそうです。

■トルコ

・食事の際にナイフの手渡しはダメ

トルコの人にとってはケンカを売ってると思われてしまうそう。テーブルの上に置いて渡しましょう!

■韓国

・正座はしない

韓国では、正座は相手に苦痛を与えるための『囚人の座り方』として認知されているそうです。

・年長者の前で煙草を吸ってはいけない

どうしても吸いたい時には、許可を得る必要があるそうです。

・年配者の前では、背を向いてお酒を飲む

韓国ドラマでよく目にしますよね。

・茶碗を持って食べるのはダメ

ご飯を食べるのにもスプーンを使うのもそのせいなのでしょうか?

■東アフリカ

・相手に唾をかける

唾に魔よけの意味があることから、「良いことが訪れますように」という意味が含まれているらしいです。良い意味合いと分かっていても、唾をかけられたら嫌ですよね(笑)

■タイ

・片手で受け取る

タイだけでなくアジア圏の多くの国で、左手は不浄の手なので、口に運ぶものを左手で扱ってはいけません。卒業証書などの大切なものも同様で、右手だけで受け取るんだそう。

■シンガポール

・ガムを食べてはダメ

シンガポールでは、ガムを食べることはおろか、持ち込むことも厳禁! 所持していただけでも罰金刑となるそう。これ、知らなかったら怖いですね。

■ブラジル

・OKサインはダメ

ブラジルでは、指をまるめてOKサインは、なんと侮辱のジェスチャー。注文の際に気をつけましょう!

■ロシア

・花をプレゼントする時は奇数本!

ロシアでは、偶数本の花はお葬式でしか使われないそうです。花束をプレゼントする時には、要注意!

■サウジアラビア

・女性は気軽に声をかけない

サウジアラビアでは、女性が公共の場で知らない人に話しかけるのは売春行為とみなされるそう。女性の場合は、エスコートしてもらわないと大変なことになりそうですね。

 

いかがでしたか? 海外へ旅行へ行ったら気をつけたいことがいっぱいですよね! 次回も引き続き、海外と日本のビックリ仰天マナーの違いについて取り挙げますので、海外旅行好きな方は必見です!

お楽しみに!

 

【参考】

日本人ビックリ!世界のマナーまとめ ― NAVER まとめ

※ 貴方は幾つ知っている?海外珍常識&マナー [旅の便利・お得情報] All About

※ 国際化|倉敷市