たった1分でわかる!正しくサプリの成分表示を見る方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でも一度は、商品の裏側などに記載された成分表示を目にしたことがあるはず。特に食品を買う際、昔から日本人は外国人に比べ、商品の安全性を気にしたり原材料名をよくチェックしたりするのだそうです。実際には外国産なのに『国産』という表記を偽って記載したりする業者も現れるほど、産地や成分に対するこだわりが強いことがわかりますよね!

みなさんは、一番にどこに注目していますか? 賞味期限? それとも産地?

 

すでにご存じの方も多いかと思いますが、商品を選ぶ際に注目すべきは『成分名の並び順』

特にサプリメントなど、栄養補助を目的に摂取する商品に関しては、そこを見ずして購入すべからずなのです。

成分名の並び方は、配合量の多い順に記載されています。そして決められた一定の配合量以下の成分は、順不同で表示してあります。(ただし着色剤関連は最後にまとめて表示することが可能)

 

例えば、ヒアルロン酸+コラーゲンのW機能サプリの成分表示を見てみると……。

商品名の冒頭に『ヒアルロン酸~』と書かれていますが、原材料名を見ると、一番多い成分は乳糖、そしてコラーゲン、ヒアルロン酸といった順序に並んでおり、1包3グラム中、ヒアルロン酸の含有量が一番少ないことがわかります。

ヒアルロン酸商品を探していた場合、これではコラーゲンの方を多く摂取していることになり、当初の目的であるヒアルロン酸はほんの微量しか摂れていないということにもなり兼ねません。しかし購入した本人は、『ヒアルロン酸』とパッケージに大きく表記された文字を確認しているので、「これはヒアルロン酸のサプリだ」と思いこんで摂取し続けることになるのです。

 

この簡単なポイントだけ覚えておけば、ドラッグストアなどで数あるサプリメントの中からどれが自分に必要な成分が多く含まれているのか等、チェックしやすくなります。

ただ安いだけの商品に飛びついても、効果がなければ全く意味がありませんよね。せっかく買うなら、『見極める目』を持って選びましょう!

 

【参考】

日本人の栄養所要量について