オッ…速効小顔!超分かりやすい「シェーディングの正しい入れ方」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクで影を作るシェーディング。小顔効果を狙ってシェーディングを入れても、位置や入れ方が間違っていると、顔がこけて見えたり、単に汚れていると思われてしまいます。

「どこに入れるのがよいのかわからない」「本当に小顔に見えるのか」疑問に思っている方もいるでしょう。

でも、シェーディングはコツさえ覚えればとっても簡単! 今回は、小顔に見せる正しいシェーディング方法をご紹介します。

 

■これが正解!シェーディングを入れるべき場所とは

シェーディングを入れる場所を迷ってしまう方は、2点だけ覚えておきましょう。

(1)入れる場所を定めるときは、鏡で顔を正面から見る

(2)正面から見たときに、“余分な箇所”にシェーディングを入れる。

重要なのは、これだけです。

例えば、筆者の場合は面長なので、おでこの広さとあごの長さが気になります。これが“余分な箇所”です。髪の生え際から眉間、眉間から鼻先、鼻先からあごの長さが同じになると、美しく見えます。

丸顔の方は、卵型の顔になるように「ここがなければいいのに」と思う頬やおでこの“余分な箇所”に。えら張り型の方は、えら部分にシェーディングを入れましょう。

“余分な箇所”が影で目立たなくなり、顔が小さく見えます。自分ではわかりづらくても、周りの人は「小顔になったな」と気づくことでしょう。

 

■不自然に見えないシェーディング法

シェーディングパウダーを使うのもよいですが、ナチュラルに仕上げるためには、普段使っているファンデーションの1トーンか2トーン暗い色で入れるのがおすすめ。

パウダーファンデの場合は、ブラシに馴染ませて余分な粉を落としてからシェーディングを入れます。リキッドやクリームは、手の甲でなじませ、適量を指にとってシェーディングを入れましょう。

ファンデを2色持ちたくないと思うかもしれませんが、実はとても役立ちます。日焼けしたときに2色を混ぜて肌に合うように調節したり、洋服のコーデに合わせて肌色も調節すると、よりおしゃれを楽しむことができるのです。ぜひ試してみてください。

 

シェーディングを入れたことがない方は、ご紹介した点を押さえてぜひ実践してみてください。きっと「小顔になったね」と言われるはず!

 

【関連記事】

※ 見た目年齢が5才は違う!「チークを入れる正しい位置」とは…

※ 超絶簡単!3ステップで「アイライナーが長時間にじまない」メイク術

※ 2本使いするだけ!「シミもクマも即消え」するコンシーラーテク

※ 3か所に入れて…完成!簡単にツヤ肌が作れる「ハイライト」テク

※ ティッシュ1枚で美肌再生!ファンデ崩れも楽勝「メイク直し」術

 

【姉妹サイト】

※ やっぱり仕事より私生活!「プライベート優先派女子」が圧倒的多数と判明

※ GWは41%が自宅におこもり!? 出費予定額は驚きの「5千円以内」