4月18日は「よい歯」の日!食後スグの歯磨きも…やりがちNG4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月18日は「よ(4)い(1)歯(8)の日」。日本歯科医師会が80歳になっても20本以上の歯を保とうと始めた「8020運動」の一環で、1993年に制定した記念日だそうです。

おばあちゃんになっても自分の歯で食事が出来るように、健康な歯と歯ぐきをキープしたいですよね。

そこで今回は、意外にやってしまいがちな歯磨きにまつわるNG習慣についてご紹介します。

 

■1:食後にすぐ歯磨きする

以前、「食後すぐ歯を磨くのはNGだった!口臭が治らない本当の理由とは」の記事でご紹介しましたが、食後30分間は歯磨きをしない方がベター。食後は唾液が分泌されて歯の自然治癒力が高まります。裏を返せば、すぐ磨いてしまうと歯の免疫力を低下させることにつながるので、食後すぐに歯磨きをしていた人は、タイミングを見直しましょう。

 

■2:勢いよく口をゆすぐ

歯磨きの後、口の中をすっきりさせたくて、勢いよく口をゆすいでいる人がいるかもしれませんが、実はそれはNG。フッ素入りの歯磨き粉を使用している人は、最後のゆすぎで歯磨き粉に含まれているフッ素を洗い流してしまう可能性があります。ゆすぐ時は口に含んだお水をゆっくりとすすぐイメージで、1~2回程度で十分です。

 

■3:歯磨き粉のつけ過ぎ

歯磨き粉は量が多ければ、綺麗に磨けるわけではありません。歯磨き粉をつけ過ぎると泡立ちが良い分、綺麗になった気になってしまって、磨き残しが多くなってしまいます。歯ブラシの毛の半分から3分の1程度の量がちょうどよいと言われています。

 

■4:ゴシゴシ力強く磨く

汚れを落としたい一心でブラシを勢い良く動かしている人はいませんか。しかし、これでは歯と歯の間の汚れに毛先が届かず、磨き残しの原因に。また、歯ぐきにダメージを与えてしまうので時間はかかりますが、歯1本1本を丁寧に磨くようにしてください。歯ブラシの毛の硬さも、固めよりも普通のものがベターです。

 

いかがでしたか。歯磨きは毎日のこと。ついおざなりになりがちですが、いつまでも美味しくご飯を食べるために歯磨きは重要です。今回の記事を参考に、改めて歯磨きを見直して、健康的で美しい歯を目指しましょう。

 

【関連記事】

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

※ 勘違いしてる人多数!「髪を濡らして即シャンプー」がNGな理由

※ 栄養満点!でも食べ過ぎはNG…「正しいバナナの食べ方」丸わかり

※ リバースとフォワードで!「コテで巻き髪」の作り方…基本のキ

 

【姉妹サイト】

※ 女子の6割が「自分に自信なし」もっと自分を好きになる簡単なコツ

※ 壊れる前に気づいて!多忙な働き女子の体が発する悲鳴サイン5つ