夏やせ計画の前に!また失敗しないための「ダイエット豆知識」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世にあふれるさまざまな“ダイエット法”。「この方法で-5kg!」なんて聞いた日には、つい真似したくなっちゃいますよね。しかし、なかには健康を脅かす危険なダイエットもあるので、軽はずみに飛びつくのはオススメできません。そこで重要になってくるのが、ダイエットにまつわる“豆知識”。

今回は、ダイエッター必見! 知らなきゃ損する“ダイエットの豆知識”をまとめてみました。

 

■1:米=ダイエットの敵ではない

炭水化物抜きダイエットの流行もあり、“米はダイエットの敵”だと思っている人は少なくありません。しかし、アメリカ・ベイラー医科大学の最新の研究で、白米または玄米を普段の食事に取り入れることで、ダイエット効果があると判明したと、「“ご飯を食べる方が痩せる”と目からウロコの新常識が研究で判明」の記事内で伝えています。

米は、炭水化物やタンパク質、カルシウム、鉄、マグネシウム、食物繊維など、身体が必要とする栄養分をバランスよく含んでいます。毎日摂取することで、栄養のバランスが自然と保たれ、健康的な食生活になる・ダイエットが継続しやすくなると研究者は分析しているそう。

「健康的に痩せたい!」という人は、米を食べると良いでしょう。

 

■2:食べるものよりいつ食べるかが重要

「痩せる地道な努力は無用!? 食べるものより“いつ食べるか”が重要」では、アメリカのブライハム・アンド・ウイメンズ・ホスピタルとムルシア大学、タフツ大学の共同研究で、遅い時間に食事を摂る人は早い時間に摂る人に比べて、体重の減りが少ないことが明らかになったという研究結果を紹介しています。

なんでも、食事を摂る時間が早いほど、体内に摂り入れた食べ物が日中のエネルギーとして消費されやすく、脂肪という形で身体に留まらないのだといいます。“何を食べるか”よりも“いつ食べるか”に重点を置くことが、ダイエット成功のカギになるかもしれませんね。

 

■3:炭水化物抜きをしたいなら、週2日まで

「“週2日だけの炭水化物抜き”は毎日ダイエットより痩せるって!」の記事内では、アメリカの『TIME』誌が、週に二日間だけ炭水化物抜きダイエットをすれば、毎日ダイエットにいそしむより痩せるという研究結果を発表したと伝えています。

最初の項目でもお話したように、米は私たちの体に必要なものです。米をはじめとする炭水化物を抜くと、低栄養や体力の衰退、貧血、生理不順など、さまざまな不調があわられたり、脂質を摂りすぎたりすることもあると農林水産省も注意喚起しています。

ストイックな炭水化物抜きダイエットは、ほどほどにした方が良いかもしれません。

 

■4:血糖値の急上昇を抑えることが大事

近年、“食べ順ダイエット”や“ベジタブルファースト”といった、食事の仕方を工夫するダイエット法は、多くの人に取り入れられています。

ですが、ダイエットをするうえで重要なのは、順番だけではありません。脂肪のつかない体を作るには、血糖値の急激な上昇を抑えることがポイントになってくるのです。

そのためには、「食べる順番だけじゃない!痩せるには“食前の時間”が大事だった」に書かれているように、小腹が空いた時、食前の時間に何か少し口に入れておくと良いそう。カロリーコントロールに役立つサプリメントやドリンク、食物繊維が多く含まれていて、塩分が少ない野菜ジュースを飲むのもオススメだといいます。

 

以上、ダイエットを失敗に終わらせないための豆知識をご紹介しました。正しく健康的な方法で、スリムな体を手に入れたいものです。

 

【関連記事】

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【姉妹サイト】

※ 働き女子が「犠牲にしていること」趣味、睡眠を抜き1位だったのは?

※ 1人暮らしを快適に!「狭い部屋を広~く見せる」とっておきのワザ3つ