後輩から総スカン!「この先輩仕事できなそう」と言われる人の特徴6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月に新入社員が入社して、後輩が増えたという方も多いのではないでしょうか。しかし、最初は尊敬されていた先輩社員の中には、ひと月も経つと後輩から「あれ、この先輩……実は仕事できない?」と思われてしまう人も。

そこで今回は、後輩から仕事ができないと思われがちな女性の特徴を6つご紹介します。

 

■1:言い訳が多い

ミスをしたとき、失敗してしまったとき、人の真価が問われます。「だって」「でも」という言い訳が先に出る人や、「それは私じゃくて〇〇さんが……」と人のせいにするのはNG。

ミスや失敗を受け止め、素直に謝罪、反省することが大切です。ミスを受け止め、素直に謝ることができる人のことは周囲も助けたくなるもの。ときには素直に謝罪することも必要です。

 

■2:話がダラダラ長い

上司への報告をするとき、後輩へ仕事の説明をするときに、やたら話がダラダラ長い人もいます。聞いている方は「結局何が言いたいの?」とイライラしてしまうことも……。

話はできるだけ端的にまとめ、結論から話すのがポイント。たとえば「〇〇をしたいと思います」と結論から話し、その後「その理由は……」と、そう思った理由や過程を話すことで相手が話を聞きやすくなります。

 

■3:敬語がめちゃくちゃ

敬語やビジネスマナーが身についていない人は、後輩だけでなく同僚やクライアントから好印象を抱いてはもらえません。「ウケるー」「マジで」「ありえないんだけど」といった流行言葉はプライベートだけにし、ビジネスの場では丁寧な言葉を選びたいところです。

 

■4:トイレで会う度にメイク直しをしている

まるでトイレの住人のように、いつもトイレでメイクを直している女性社員がいますよね。何度もメイク直しに立つこと自体、周囲からよくは思われませんが、気をつけたいのはそれだけではありません。

メイクは、重ねれば重ねるほど崩れやすくなります。何度も重ねるのではなく、テカリを軽くティッシュやあぶらとり紙でオフしてあげる方がおすすめです。

 

■5:頬杖、肘をつく、猫背

常に肘をついて仕事をしてたり、頬杖をついたりしていると、ヤル気がないように思われてしまいます。また、片側ばかり頬杖をつくと顔の歪みを招いたり、極端な猫背や肘をつく姿勢は、上半身の血行不良や肩こりを招くこともあるので気をつけたいところです。

 

■6:やたら自分が若手だったときの話ばかりする

歓迎会や懇親会で「私が新卒のときはもっとこうだった」「最近の若手は苦労を知らない」など、自分が若手だったときの話を持ち出して延々と語ると、聞いている後輩から煙たがられることも……。お酒の席だからこそ、周囲が楽しめるよう発言にも気をつけたいところです。

 

これらを意識して、憧れられるような素敵な先輩を目指してくださいね。

 

【関連記事】

知らないと赤っ恥!全然丁寧じゃない「失礼な電話応対マナー」5つ

意外とやってる!オフィスで「ウザい女」と思われる女性の特徴6つ

正しく使えないと赤っ恥…「頂くorいただく」どっちが正解?

「手土産」と「おもたせ」は違う!? 知らないと恥ずかしい手土産マナー

※ リバースとフォワードで!「コテで巻き髪」の作り方…基本のキ

 

【姉妹サイト】

※ 食事制限は必要ない!? 誰もがしてるダイエットの意外過ぎる間違い

※ 太るなんて誤解!カトパン愛食のスーパーフード「チーズ」のすごい力5つ