可愛さに彼も降参!一手間が決め手「くるんとカール」マスカラ術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクをするうえで、最も印象を左右するパーツといえば、ずばりアイメイクですよね。なかには、ベースメイクよりもアイメイクに時間をかけているという方も多いのでは? 

ところが、時間をかけていても意外にも多いのが「マスカラが上手く塗れない」「パンダ目になっちゃう……」という、アイメイクのお悩み。そこで今回は、男性が“ぐぅ……可愛い”を連呼しそうな理想のマスカラテクを2つご紹介します。

 

■アイメイク成功のカギは“ビューラー使い”

アイメイクといえば、アイシャドウにアイライナー、マスカラがありますよね。なかでも、アイメイクの勝敗を分けるのが、マスカラです。マスカラさえ成功すれば、アイメイクが成功と言っても過言ではありません!

そのための肝となるのが、“ビューラー使い”です。ビューラーはベースメイクで例えるのなら、いわばファンデーションと同様。このとき、いかにキレイなカールをつけられるかで、その日1日のメイクを左右してしまいます……。

 

■憧れは扇形まつ毛カール!王道のビューラーテクとは

やはりマスカラがキレイに映えるのは、扇形のまつ毛です。ビューラーが苦手、何度やってもかかりにくいという方におススメなのが、ビューラーを事前に温めてくおくこと。ビューラーのゴム部分にドライヤーの温風を当てれば、即座に長持ちカールを作ることができます(もちろん、温める際には十分気を付けてください)。

ビューラーは根本から挟み、まず一度根本を立ち上げるようにしてカールをつけます。次に、まつ毛の中央・毛先と位置をずらしながら、同様にカールをつけていきます。

また、“デカ目効果”を得られるのが、意外にも下まつ毛。下まつ毛はビューラーを逆さに持ちながら、カールをつけていきます。ほんのひと手間ですが、デカ目効果は抜群ですよ。

 

■パンダ目を阻止!秘蔵の吸収テク

パンダ目の原因は、肌の皮脂や汗などによって、アイライナーやマスカラが滲んでしまうことです。

そこで事前に防ぐテクとして、ファンデーションを重ねたあとに再度、お粉やルースパウダーを、下まぶたに重ねづけしていきます。お粉の膜が油分や皮脂を防いでくれるので、一日中パンダ目知らずな目元で過ごすことができますよ。

 

いかがでしたか? 意外に多いパンダ目は、男性も内心気づいている残念メイクの1つでもあります。夜まで崩れないアイメイクで、キレイもキープしたいですね。

 

【関連記事】

※ やらなきゃ損!目ヂカラぐ~んとUP「マスカラの塗り方」基本のキ

※ マスカラは冷蔵庫で保管!?「品質劣化を防ぐ」正しいコスメ保管法

※ デカ目度アップ!一重に離れ目…「目のタイプ別」マスカラの塗り方

※ 「短い・細い・少ない」まつげの悩みを解決するマスカラメイク術

男性を虜にするマスカラ使いで「別人級に変身する」華麗な技3つ

 

【姉妹サイト】

※ それのどこが可愛いの?男性が心底理解できない「女性の服装」とは

※ ズバリ的中!? 同僚女子の「本当の性格」をカンタンに見抜く意外な方法