元男性パリコレモデルIVAN流!「ヒップにも●●液…」大胆美容を激白

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今もっとも美しいオネエとして注目されているのが、歌手であるメキシコ人クォーターの母と、日本人とスペイン人のハーフの父を持つモデルのIVAN。テレビ番組でオネエであることをカミングアウトして以来、今やバラエティ番組にも引っ張りだこの人気ぶりです。

 “元祖・キレイなオネエ”といえば、2009年の国際ニューハーフ美人コンテストでも優勝したはるな愛氏を忘れてはなりませんが、IVANはパリコレにも出演経験のある生粋のモデル。女性としても負けを認めなければならない部分が多々ありそうです。

今回は、男性タレントにも「IVANなら恋愛対象になり得る」と言わしめるほどの美貌の秘密に迫ります。

 

■世界的有名ブランドの化粧品イメージモデルに大抜擢!

IVANは「女性以上に美肌」「女性以上に美しい曲線美」などが話題に上ることもありますが、そんな美しさに目を付けたブランドが、蝶ネクタイを付けたウサギのマークで世界的に有名な、PLAYBOY社。

この度、PLAYBOY社とサンライズジャパン社の共同開発により、初めてオリジナル美容液が発売されました。そのイメージモデルに選ばれ、先日都内で行われたPLAY BOY『AGARU SERUM』の記者発表会に登場。フラッシュライトを浴びて登場したIVANは、その高身長と美しさで圧倒的な存在感!  テンションの高さはオネエ風ですが、そこを除けばどう見てもトップモデルの女性そのものです。

 

■IVAN流・驚きの美容法とは

トークは早速、IVANの美容法についての話題に。そこでIVANは、「贅沢な使い方だけど」と前置きしたうえで、美容液を顔だけでなくヒップにも塗っていることを告白。普段のボディケアはせいぜいオイルやボディクリームを塗るくらい……という女子たちに衝撃が走るような回答でした。特に、リフトアップ効果のあるような化粧品を使うことで、たるみがちなバストやヒップも、キュッと上向きになるのだそう。

さすがにその方法は、誰もが毎日マネできるようなものではありませんが、もっと簡単・リーズナブルに顔用の化粧品を全身に使用する方法をご紹介します。

 

■超経済的!梨花もやってる美容液風呂

それは、かつてモデルの梨花さんも著書『Love myself』でご紹介されていた、“余った化粧品を湯船に入れる”という方法。新しい化粧品を顔ではなくお尻に塗るのはなかなか勇気がいりますが、最後まで使い切れず余った化粧品であれば惜しみなく使えそうですね。容器に少しだけ残った化粧品は、お湯を注いでゆすぐように湯船に入れることで、余すことなくリサイクルできます。

さらに、血行が良くなっている湯船の中でマッサージを加えれば、浸透力もアップ。また、春夏シーズンは特に、ボディクリームなどを塗ってベタベタするのが苦手という方にも、適度な保湿効果が得られるのでオススメです。

 

男性モデルとしてパリコレに出演していたIVANですが、その頃からプライベートは女性としてメイクやスキンケアも楽しんでいたそう。女性である私たちも、IVANを見習ってボディにも磨きをかけていきたいですね。

 

【関連記事】

見た目年齢が5才は違う!「チークを入れる正しい位置」とは…

目元に桃の色香!ブームの「ドファサルメイク」で印象的美女に

やった人から確実に変わる!光感じる「ツヤ肌」を作る3つのテク

トレンドなのに抜群の愛され力!「平行眉」を作る簡単プロセス

リバースとフォワードで!「コテで巻き髪」の作り方…基本のキ

 

【姉妹サイト】

絶対探ってやる!痩せ子が素知らぬ顔でやっている「スリム習慣」4つ

時間のムダ!多忙な働き女子はフったほうがいい「脈なし彼」の特徴5つ

 

【参考】

梨花(2009)『Love myself』(宝島社)