ノーブラ派は激ヤバッ…!びろ~んと伸びた「離れ乳を招く」NG3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎖骨の中心と左右のバストトップを結ぶとキレイな正三角形になるのが、理想的なバストと言われています。年齢と共にバスト全体が垂れ下がってきてしまうことも女性の悩みの一つですが、もう一つ見逃せないのが、左右に広がってしまう“離れ乳”。

なんともアンバランスで格好の悪い離れ乳は、日々の生活習慣にも原因があったようです。一体それは、どんなことなのでしょうか?

 

1:ブラジャーが合っていない

胸の形は人それぞれで、アンダーとトップとの自分のバストサイズをきちんと把握している女性は、意外と少ないもの。自分の体型に合ったブラを着用していないことは、胸の形を崩してしまう大きな要因となってしまいます。

きつめのブラをつけていると、カップに入らない肉が左右に流れてしまう恐れが……。また、大きめのブラをつけているならカップの中で胸が自由に動いて、これまた胸の形が崩れてしまいます。

 

■2:ノーブラ大好き

締め付けから解放された心地よさから、自宅ではノーブラが基本という方もいるでしょう。でもブラをつけていないと、体の動きにあわせて常に胸の肉も前後左右と動きまわり、胸の肉がどんどん流れて型崩れしてしまいます。

胸の形を美しくキープしたいのなら、自宅ではソフトなワイヤータイプのブラを用意するなどして、ブラを着用しない時間を短くすることが大切です。

 

■3:胸の筋肉の衰え

胸の肉を支えるのは、大胸筋という筋肉。この筋肉は、胸が下に垂れてしまうのを防ぐために必要と思われていますが、左右に離れてしまった胸にだって関係しています。大胸筋が弱くなって胸の肉を支えられなくなってしまうと、下や左右に肉が垂れていってしまいます。

胸の前で両手のひらを合わせた合掌ポーズをとり、手のひらに力を入れると大胸筋を鍛えることができます。

 

離れ乳も垂れ乳も、胸の高さが低くなって、洋服だってキレイに着こなせなくなってしまいます。バストが離れ気味だと思った方は、ぜひこれらの生活習慣を見直してみませんか。

 
【関連記事】

※ 透けないのはベージュより●●!色に捨て時…「ブラジャー豆知識」

※ 5年以上フィッティングなしが過半数!胸も萎む…女子の「本音ブラ事情」

※ サラバ…ちっぱいな私!これで叶う「理想のバストになる方法」まとめ

※ 米国女子流!「バストトップの黒ずみ」で悩まなくなるピンクケア4つ

※ 埋もれ鎖骨がよみがえる!美デコルテを叶える簡単エクサ

 

【姉妹サイト】

※ こうすれば高く売れる!家持ち女子の「不動産売却」重要ポイント3つ

※ 携帯電話代「月に1万円以上」が最多!多すぎる料金を減らすコツは