ゲストも窮屈!「部屋がググッと狭く見えるインテリア」NG色と配置

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋服の色や形・素材によって、太って見えたり、逆に細く見えたりするのと同じように、家具の置き方やインテリアカラーのチョイスなどだけで、部屋だって広くも狭くも感じさせることができるんです。

今回は、ただでさえ広くない部屋がもっと窮屈に見えてしまう、NGインテリア例をご紹介しましょう。ひとつでも当てはまったら、あなたの部屋も黄色信号ですよ。

 

1:家具は背の高いものが多い

ベッドやテレビ台、ソファ、棚などすべての家具において、背の高いものの方が圧迫感があって部屋の狭さを強調してしまいます。できることなら、棚などの高さを同じくらいに揃えられれば、統一感が出てよりスッキリできます。

 

2:家具やインテリアの色がダークカラー

ダークカラーの家具は格好よいと思いがちですが、部屋を広く見せるという点ではNG。壁や床、天井の色、そして家具類も白をベースにした明るいカラーの方が、部屋全体が光にあふれたような広々とした空間に感じられるものです。

床や壁の色などを変更することは簡単にはできませんが、自分で揃える家具類は、黒やダークブラウンなどの暗い色は避けるべきでしょう。

 

3:色の濃いラグを置いている

前述の通り、暗い色の家具やインテリアは部屋を狭く感じさせてしまいます。これと同じで濃い色のラグを置いていたらアウト。もしもラグを使いたいなら、白もしくは床の色と同じカラーに揃えると、床と一体感が出て自然に広く見えてきます。

 

4:部屋の四隅がすべて物で埋まっている

人は部屋に入ってきたときに、最初に目につく2つの角両方に物が置かれていると窮屈に感じてしまいます。さらに、部屋の中心から見たときに、部屋の四隅すべてが物で埋まっていたとしたら、それも圧迫感があるもの。

家具はできるだけ1か所にまとめて置き、何も置かない空間を作ることが広く感じさせるポイントです。

 

5:カーテンの柄が大きい

カーテンにもしも大きな柄が描かれていたり、奇抜な色のものを使っていたら、夜カーテンを閉じたときの圧迫感がかなり出てくるものです。茶色やベージュといったアースカラーまたはナチュラルなカラーで、柄があるとしても小さなものを選ぶことが、部屋を広く見せるためには必須です。

 

さらに部屋を広く感じさせたいのなら、鏡をインテリアとして置いたり、間接照明で壁面を照らすようにすると、広がりがもっと出てくるようになりますよ。

 

【関連記事】

ない人は大損してる!「部屋にグリーン」…想像以上の健康効果

2015年ラッキーカラーは●色!「風水掃除術」でキレイと運気ゲット

※ 血流アップで疲れ目スッキリ!「眼精疲労」セルフケア

※ スピリチュアル芸人が断言!みるみる幸せが遠のく「5つの不幸言葉」

※ 女子は言いがちだけど…「言った瞬間男はゲンナリ!」魔の5フレーズ

 

【姉妹サイト】

※ 男がかわいいと思う「女子の春服」2位花柄ワンピ、1位は意外なアレ

※ まるでくたびれオヤジ!? 「お疲れ女子」が職場で急増している理由4つ