【美メイクテク】いつもの自分から「あかぬけ顔」になれる3つのポイント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「毎日いつも一緒のメイクはもう飽き飽き。ちょっとイメチェンしたいな~」と思っている方。少しテクニックを変えるだけで印象を変えることは可能なのです。

「せっかく時間をかけて頑張ったのに、なんだかいまいち……。なんかケバくないかしら? 私の顔」「メリハリはあるけど、目も頬も唇も主張が強くて、ちょっと古くさいかも……」そんなお悩みはありませんか? 心当りのある方は、以下の内容を要チェック!

 

料理もメイクと同じで、濃いメイク作っていくと薄くするのは難しいのです。例えば、アイラインもリキッドラインでバッチリ! マスカラもたくさんつけて、チークもが盛り盛りメイクになっている方。この場合は、できれば薄く薄く顔にのせていき調整するのがポイントです。

イメージを変化させることは簡単で、これをするだけでおかぬけ顔になることも可能。そこで今回は、パーツ別にあかぬけ顔になれるポイントをご紹介します!

 

■アイメイク

マットなアイシャドーよりもパール感がある方が透明感が出て薄付きに見えます。パール系のベージュブラウン系でグラデーションを作ります。

下まぶたには、目頭側の三分2/3に白や薄いパールピンクなどでハイライトを入れることで、“抜け感”を出します。目尻側1/3にはブラウンのライナーを太目に入れます。ブラックよりもブラウンを使うことで優しいイメージを出すことができます。

上まぶたは“ぼけないよう”に、まつ毛のキワに極細ラインを入れることが目元を軽く魅せるコツです!

 

■チーク

色がはっきりした色よりも、ほんのり色づく程度のナチュラルなコーラルピンクをほおの高い部分の大きい円をいれるようにふんわりのせます。頬骨の下にチークを入れると、老け顔に見えたり、きつい印象になってしまうのです。

ブラシは大きめなものを使って一気に入れることがきれいなグラデーションをつけられるコツです!

 

■リップ

肌なじみがよくて、チークと同系色を選ぶことがポイント! ナチュラルな色をつけた後は、ふんわりピンクのグロスを重ねてあげてください。もともと唇に色がある方はベージュ系でも大丈夫。

唇が血色良いと、くすみも取れて重心のバランスが取れて小顔にも見えるので、リップは塗りましょう。

 

いかがでしたか? 今日から盛り盛りメイクをやめて、引き算メイクで印象を変えて、周りをびっくりさせちゃいましょう!