あぁ…腕を上げられない!「黒ずみワキに直結」するNGムダ毛ケア

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの季節はもちろんのこと、女性が一年中ムダ毛ケアをするパーツといえば……そう、ワキですよね。処理してもすぐにまた、毛並をそろえてしっかり生えてくるワキ毛たちに、ゲンナリという方も少なくないはず。

ところが、間違ったお手入れ法ではキレイなるどころか、黒ずみワキを招いたり、濃くなってしまうことがあるのです。

今回は、“ワキがみるみる濃くなる!やりがちNGムダ毛ケア”をご紹介します。

 

■ワキ毛は抜いたらアウト……!?ブツブツ黒ずみワキの原因に

先日友人の結婚式に招待され、とてもキレイな花嫁姿をカメラに収めてきた筆者。後日、友人に「キレイだったよ」とメッセージを添えて写真を送ると、こんな返信が……。「ワキの黒ずみが酷くて、メイクさんにワキにまでファンデーションを塗られた!」とのこと。

背中のニキビ跡や赤みなどをカバーするため、ボディにファンデーションを塗る話は聞いたことがあったのですが、ワキ用のファンデーションを使用した話を聞いたのは初めて。話を聞けば、友人のワキの黒ずみは“自己処理”によるものが原因だったようです。

ワキの自己処理では剃るのが一般的ですが、なかには「毛根から抜いたほうが、伸びてくるのが遅いから」という理由で、ピンセットや毛抜きなどで抜く派の方もいます。毛抜きを繰り返すことで毛穴に負担がかかり、鳥肌が立ったようなブツブツワキや黒ずみ、埋没毛を引き起こしてしまうのです。

 

■お肌のためには抜くより“剃る”がマスト!美ワキのためにすべきこと

(1)できるだけシェービングを

お肌にかける負担を考えると、やはり刺激が少ないシェービングがおススメです。よりお肌のためを思うなら、カミソリよりも直接刃が肌にあたらない電気シェーバーを選びましょう。

(2)前後は保湿をしっかり

間違ってもやってはいけないのが、乾いた肌に直接カミソリや電気シェーバーをあてることです。お肌を傷めてトラブルを引き起こす原因に。シェービングの前は乳液やクリーム、ワセリンなどでお肌の滑りをよくし、シェービング後も化粧水や乳液で十分に保湿を行うのがベストです。

(3)プロの手を借りるのも一つの手

「頻繁なムダ毛処理に悩まされている……」「自己処理でワキが荒れてしまった」そんな方におススメなのが、サロンやクリニックでのワキ脱毛です。気になる痛みも、輪ゴムで軽くパチンと弾かれる程度。脱毛だけでなく、ワキの黒ずみや埋没毛の改善なども期待できますよ。

 

いかがでしたか? ついついやりがちな抜毛は、実はワキトラブルの原因となっていたのですね。早速今日から、美ワキのためのお手入れを始めていきましょう。

 

【関連記事】

※ 朝シャンも要注意!「紫外線ダメージに直結する」NG朝習慣3つ

※ グッ…ゲェ!思わず絶句される「ワキガ」を自分で気づく方法とは

※ あのぉムダ毛透けてますが…!同僚男子が嘆く「男化しすぎ女子」4例

※ ムダ毛処理…やってない?「お風呂でするとダメージ大」NG行動4つ

※ 見た目年齢が5才は違う!「チークを入れる正しい位置」とは…

 

【姉妹サイト】

※ 結婚前には父親をチェック!女性とここまで違う「男心の不思議」4つ

※ 焦っちゃダメ!仕事も恋愛も「結果を出す」のに効果絶大な裏ワザとは