空腹時が絶好のチャンス!「サクサク痩せたい人」がやるべき3つのこと

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お腹がすいた」と思ったら、とりあえずお菓子やすぐにつまめるものを食べる……。もしもそうやって空腹をしのいでいるのなら、あなたは絶好のチャンスを逃しておデブ街道をまっしぐらに進んでいることになりますよ。

空腹時は実は効率よくダイエットできるなど、さまざなシーンにおいて最適な状態。欲望のままに食べ物を摂取していたら、簡単に食べ過ぎになってしまいます。

今回は、空腹時にやるべきこと3つをご紹介します。

 

■1:運動

運動をするのなら効率よく、余分な脂肪を落としていきたいもの。それなら空腹時に運動を行うべきなんです。

お腹がすいている状態は、血中の糖分が少なくなり、血糖値が低い状態になります。この状態で運動を行うと、血液中の糖分ではエネルギーが十分ではないため、予備のエネルギー源である体脂肪を利用します。こうすることで余計な脂肪を運動で効率よく落とすことができるのです。

ただ注意したいのは、ハードな運動ではなく、有酸素運動などのゆっくりとできる運動にしておくこと。空腹時に激しい運動を行うと貧血などの危険事態を招いてしまいます。

 

2:入浴

入浴は食前と食後なら食前に行うべき。食後は消化活動のため全身の血液が消化器官に集中しますが、入浴をして全身の血行がよくなると、この消化が不十分になってしまいます。

そのため食事前にお風呂に入れば、全身の血流がよくなり、逆に空腹感がまぎれるという効果もあります。入浴後に水分補給のためにたっぷりの水を飲めば、さらに空腹感がなくなり、その後の食事量をセーブできます。

 

3:仕事・勉強に集中

空腹になると、集中力が高まったり記憶力が上がります。お腹がすくとグレリンというホルモンが分泌されますが、このグレリンの量が多いと集中力や記憶力がアップするとわかっているのです。お腹がすいたと感じたら、あと30分仕事や勉強に集中してみると、頭が冴えて予想以上にはかどるはずです。

 

ただし過度に空腹状態であったり、運動もお風呂も勉強もあまりに激しく行うと、逆に体に悪い状態になってしまう可能性があります。ほどほどに行うことをおすすめします。

 

【関連記事】

※ 1年で-26㎏運動ナシ!50代料理研究家の「やせるおかず」が超絶スゴイ

空腹時のツラさやイライラを劇的に和らげる耳ツボの場所4つ

食事の●分前がイイ!メタボを防ぐ「野菜ジュース」の摂り方が判明

ダイエット成功のために知るべき空腹をごまかす裏技5つ

※ いつでもできちゃう!3ステップでくるくる「便秘解消」マッサージ

 

【姉妹サイト】

※ 教えてあげれば神に!新人が「知りたいけど先輩には聞きにくい質問」3つ

※ 我慢も運動もなし!夏までに努力ゼロで「3キロ減」できる作戦4つ