風習・言葉で大失敗!僕ら外国人の「日本でヤッチマッタ体験」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

独特な風習が残る日本。海外からやってきた方たちは、 わたしたちの風習や言葉に混乱していることも多い様です。

今回は、そんな彼らの可愛らしい失敗談をいくつかご紹介します。

 

■1:ストライプの白黒で…

「日本のお葬式に参列経験のなかった私は、心不全で入院している友人のお見舞いへ、モノトーン・ストライプのワンピースを着て行ってしまいました。

明るすぎる色は避けようと思って試行錯誤した服装だったのに、まさか白黒のストライプがお葬式の壁に掛けられる布と同じ柄だったとは……」(オーストラリア人・26歳)

知らぬが仏!? きっとお友だちも笑って許してくれたのでは? 日本の風習ならではの失敗談ですね。

 

■2:幽霊、いるんかい!

「日本語学校で、“あなたはお化けを見たことがありますか?”と日本人にインタビューをするという宿題がでました。僕の想像では、“ありません”と答えてもらい、“あぁそうですか”で終わるはずだったのですが。“あります”と答える日本人が多くてびっくり! 

戸惑う僕を尻目に、幽霊体験談が始まってしまいます。宿題提出のために怖い話を日本語でいくつも覚えるはめに。日本人のみんな、幽霊やお化けは気のせいだと思うよ!」(ドイツ人・31歳)

怪談話を聞くと、寒気がするのはどうやらアジア人の感覚らしいです。無宗教の人でも、神様や魂の存在を否定しない日本人が多いのは事実かもしれませんね。

 

■3:微妙すぎる“微妙”の使い方

「モデルとして日本に来たばかりの頃、撮影中に、“気持ち左いける?”と言われました。“体は動かさずに気持ちだけ左に!? 日本人って写真を見ると、気持ちが左右のどっちを向いているかわかるの!? これが武士道!?”と大混乱。

同じように“微妙”は、白黒どちらともつかないときに使うと習いましたが、“微妙に後ろ”と言われ、“微妙”には“少し”という意味もあると知りました。“微妙”はあんまり乗り気じゃないときにも使えますよね。“微妙”の使用範囲は広すぎて、まったく微妙じゃありませんよ」(イギリス人・26歳)

指摘されてみると、日本語は“ほんの少し”と言いたいときの言い回しが比喩的なのでしょうか。かわいいモデルさんが混乱して、固まっている様子を想像すると、微笑ましい気持ちになってしまいました。

 

みなさんの周りでも、外国人の方がやってしまった日本ならではの経験談や失敗談はありませんか? そんなところから、改めて日本の文化や日本語について、気付くこともあるような気がしますよね。

 

【関連記事】

フム…そこか!「日本人女子のココが不思議」外国人が激白SP

ATMの何がそんなに!? 来日外国人「意外な悲喜こもごも」3つ

発音が似てて要注意!外国人が首をかしげる「誤解を招く」日本語

※ ティッシュ1枚で美肌再生!ファンデ崩れも楽勝「メイク直し」術

※ 男もお金も逃げまくり!「スカスカ浪費女子」を脱却する4つの心得

 

【姉妹サイト】

※ 内心ガッカリ…「男がつい見てしまう女性のパーツ」2位お腹、1位は

※ 新年度の目標1位は貯蓄!お金が貯まるのは「●●レスな人」と判明