正しい姿勢…みんな勘違い!? 「背筋ピンッ」で体が酸欠の可能性

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上の2つの写真を見て、“正しい姿勢”はどちらだと思いますか? 実は答えは右なんです! 左は一般的に「キレイ」と言われる姿勢です。一方右はだらしなく見えるかもしれませんが、体に無理や負担がかからない“自然な姿勢”であり、本当の意味で正しい姿勢です。

しかし、多くの人は左こそが正しい姿勢だと思い込んでいます。左の姿勢は無理に長時間続けると肩コリや頭痛、バストの下垂を引き起こし、目が小さくなってしまうことも……。

そこで今回は、一般的にキレイとされている姿勢がもたらす、意外な悪影響についてご紹介します。

 

■一般的な“キレイな姿勢”は肩こりやバストの下垂を招くことも!

カイロ・整体の『AQUA PURE カイロプラクティック』院長・射水徹さんによると、左の姿勢は見た目にはキレイですが、無理に一日中続けると体にとって悪影響をもたらすこともあるそう。

必要以上に肩を開いて胸を張ることで肺が圧迫され、呼吸が浅くなり、体が酸欠状態に。その結果、頭痛や眼精疲労、肩コリといった症状が引き起こされやすくなるのです。また、脳に酸素が十分に行き渡らなくなると眠くなり、目が閉じてくるので、目もショボショボと小さく見えてしまいます。

さらに胸を張り続けることでバストを支える“クーパー靭帯”が伸び、バストが下垂してしまう可能性もあるとか。

一般的に言われる“キレイな姿勢”は、酸欠を引き起こしやすい姿勢でもあるので、無理に続ける必要はありません。会議や面接などのビジネスシーンできちんと見える姿勢を意識することも大切ですが、疲れたときや家にいるときはもっと楽にして良いのです。

 

■体への負担が少ない“自然な姿勢”とは

長時間のデスクワークで毎日肩や腰が痛くなるという人は、体への負担が少ない“自然な姿勢”を意識してみるのがおすすめです。

椅子に深く腰掛け、肩の力を抜いて手をダランとさせます。胸を張らず、背中を少し丸めるよう意識します。背骨のラインと軌道、口の3点が自然な曲線を描くのが理想の姿勢。腕は肩甲骨の下からスッと出すようにします。

この状態が一番呼吸がしやすく、酸素をたくさん吸える姿勢です。体に余計な力が入らないので肩コリの予防にも効果的です。是非試してみてくださいね。

 

■やりがちだけど一番NGな姿勢はコレ!

一番避けたい姿勢は、上の写真のように背もたれによりかかる姿勢です。肩が後ろに開いてしまっており、必要以上に胸を張ることで肺が圧迫されてしまいます。そのことで呼吸が浅くなり、体が酸欠状態に。

また、背もたれに体重をかけてよりかかることで、背中や肺が圧迫され、酸欠に拍車がかかってしまいます。腰の負担にもなるので、できるだけ避けたいところです。

 

今回ご紹介したように、姿勢によって体が酸欠になってしまうこともあります。きちんと見せたいときとその必要がないときなど、TPOに合わせて姿勢を使い分けてくださいね。

 

【関連記事】

※ どっちが正解?「横向きor仰向け」よく眠れる身体にいい寝姿勢

※ ストレッチ不要!「垂れたお尻」をツンと上向きにする魔法の立ち方

※ 猫背は肥満の第一歩!「タオルだけで改善できる」1分間エクサ

※ 1日たった1分!脚をまっすぐ長くする「魔法のO脚矯正エクサ」

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

 

【姉妹サイト】

※ 35歳以上の8割は歯周病!予防に効果絶大な簡単「指腹ケア」とは

※ 新年度こそ初心に!「職場の人間関係を一気に良くする」基本スキル4つ

 

【取材協力】

※ 射水 徹・・・日本大学文理学部体育学科を卒業後、カイロプラクティックを学び27歳の時に五反田で『AQUA PURE カイロプラクティック』を開院。 その後、柔道整復師国家資格を取得し、現在は治療とセラピスト向けの関節エステセミナーを開催している。(HPブログ