男もお金も逃げまくり!「スカスカ浪費女子」を脱却する4つの心得

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活に力を入れている人も、いつかは結婚したいと思っている人も、先日放送された番組『ホンマでっか!? TV 美人なのに結婚できない女とウソつきな人気俳優が決まっちゃうよSP』(フジテレビ系)をご覧になりましたか? 脳科学や心理学など、さまざまな分野のスペシャリストたちが発する結婚向き・不向きな女性の特徴というのは、大変興味深いですよね。

なかでも気になったのが、番組内で発表された「男性の絶対結婚したくない女性」というランキング。1位には、“浪費家”の女性がランクインしていました。これには、「耳が痛い」という人も多いのでは……。

そこで今回は、浪費をおさえるためのテクニックについて、お話していきたいと思います。

 

■1:自分に浪費癖があることを自覚する

浪費癖がある人ほど、自分がどのくらいお金を使っているのか把握していないそうです。まずは、家計簿をつけて、いつ・どこで・どのくらい買い物をしたのか把握することが改善への第一歩となります。

“家計簿は面倒くさい”という人は、金額・カテゴリーを入力したり、レシートを読み込んだりするだけで収支のバランスをチェックできるアプリもあるので、使ってみると良いかも。

 

■2:クレジットカードは持ち歩かない

クレジットカードでの支払いは便利なのですが、「お金を使っている」という感覚がなくなってしまうのが怖いところ。上限金額=自分のお金だと錯覚し、予算オーバーの買い物をしてしまうことも……。

クレジットカードは、公共料金やネットショッピングの支払い、旅行、大きな買い物をするときなど、使用目的・範囲を決めておき、なるべく持ち歩かないようにしましょう。

 

■3:お財布の中には決まった金額しか入れない

「お財布に一万円入れていたのに、あと●●円しか残っていない……」という経験をしたことがある人は多いですよね。

必要以上にお金を使わないためにも、決まった金額(食費・交際費等)だけをお財布に入れておき、その中でやりくりしましょう。

給料が振り込まれたら、食費や交際費、家賃、通信費、貯金など、使途別に分けておくことをオススメします。

 

■4:ストレスを減らして衝動買いをおさえる

ストレスがたまると、普段ではありえない行動を取ることもあります。そのひとつが、“衝動買い”。

別日に放送された同番組内では、「ストレスが原因で買い物中毒になるケースは、麻薬中毒とほぼ同じメカニズム」だと脳科学者の澤口俊之氏。ちょっとした浪費が衝動買いになり、それが買い物依存症へと進行してしまっては、抜け出すまでに苦労します。

運動や趣味など、自分に合ったストレス解消法を見つけ、浪費・衝動買いをおさえましょう。

 

以上、浪費をおさえるテクニックをご紹介しました。意中の男性から、「外見も性格も良いけれど、浪費家っぽいから無理」だなんて思われないためにも、お金の使い方には慎重になりたいものです。

 

【関連記事】

もはや別人!? 彼がサギだと感じている「交際後ダラけ女子」特徴4つ

恥ずかしい…イヤ愛が深まる!「初心者のためのペアルック」入門

あのぉムダ毛透けてますが…!同僚男子が嘆く「男化しすぎ女子」4例

そろそろヤメない?彼もマジ引き「●●中のスマホ撮影」NG3シーン

※ 簡単ツヤツヤ!仕上がりプロ級「ドライヤーで内巻きブロー」テク

 

【姉妹サイト】

※ モテには髪ツヤが重要!美髪を作る「目からウロコ」の基本ヘアケア

※ 調査で発覚!共働き女子が夫にひた隠す「決して言えない秘密」とは