人生の半分が便秘の「どん詰まり女子」多数!今日から始める改善策

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お通じに悩む女性は多いものです。でもちょっと過去を振り返ってみてください。あなたは何年くらい便秘に悩まされていますか?

小麦ブランを取り入れた製品を発表しているケロッグでは、20~50代女性800名に、お通じに関するアンケートを行いました。結果を踏まえ、便秘解消に結びつく方法をご紹介していきましょう。

 

■今改善しないと“便秘歴20年”選手に!?

年代別に便秘に悩んでいる期間を調査したところ、一度便秘に悩み始めると、なかなか改善しにくいことがよくわかりました。年代を増すごとに、お通じの悩みを抱えている年月が伸びているのがわかります。

慢性的な悩みになっている方からは「人生のうち半分は便秘!」など、半ば諦めの境地にはいっている声も。若い頃からの便秘の悩みは、中年になっても抜け出しにくいことが浮き彫りになりました。

 

■食物繊維の目標量は1日18g

厚生労働省が定めた食物繊維の目標摂取量(18歳以上の女性)は、1日18gです。ところが、実際の摂取量は図の通り、目標値が摂取できている女性はほとんどいないことが明らかに。

食物繊維は魚介類と肉類にはほとんど含まれていませんが、キノコ類・野菜類・豆類・穀物類・海藻類などには豊富に含まれています。また、ネバネバしたものや乳酸菌など、腸内環境を整えるものであれば、食物繊維の仲間として考えても良いそうです。

目安は1日に1回は便を排泄していること。これなら自分の腸の状態を把握できそうですね。何gの繊維を摂ったか……なんて計算はできなさそうですが、快便の回数と食べているものを把握し、意識的に食物繊維を多く摂取しましょう。

 

■腸を温めてマッサージ

食物繊維の摂取で、体の中から腸内環境を整えてあげた後は、体の外からも腸を応援してあげましょう。

湯船に浸かったら、おへその下にあるぽっこりしがちな下腹を、時計回りに優しくマッサージしてみてあげてください。手のひらは開いたままでも、軽く拳を握ってもかまいません。温めてマッサージすることで、腸内運動を活発にしてあげるお手伝いをしてあげましょう。

『美レンジャー』の過去記事「いつでもできちゃう!3ステップでくるくる“便秘解消”マッサージ」も参考に!

 

■便秘解消で気持ちがスッキリする人は9割

幸せ物質としてしられるホルモンの“セロトニン”は、気持ちにも大きく影響することから、脳で作られていると思われがちですが、約9割が腸内で作られていることがわかっています。

食物繊維の専門家である大妻女子大学家政学部食物学科の青江誠一郎教授は、腸内環境を整えることが気持ちを前向きにすることにも大きく役立つと明言しています。

便秘が解消した後は、生活満足度・幸福度ともに高くなっているという結果が得られました。苦しかった便秘が改善され、笑顔でいられる時間が増えた分、運が良くなったとまで感じられる女性が多かったようです。

 

もしあなたが慢性的な便秘に悩んでいるとしたら、ぜひ今日から改善するように心がけてみてくださいね!

 

【関連記事】

お悩み別だから効果的!便秘に肌荒れ…「今食べるべき雑穀」丸わかり

便秘なら足裏のアソコをギュッ!5分でOK「お悩み別」セルフリフレ

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

※ 1週間で3kg減も!? 脂肪メラメラ燃焼「痩せ子が好む」最強朝食5つ

 

【姉妹サイト】

※ パパ役の木村拓哉、堺雅人の医療もの…「4月の新ドラマ」全まとめ

※ クライアントを感動させる!「来客者の上手な見送り方」3つの基本テク

 

【参考】

※ お通じに関する調査 – 「ブランでスッキリ!」委員会