お腹・太ももに効く「●●ポーズ」で分かる…あなたの体幹弱り度!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近流行っているダイエット法の一つ“体幹トレーニング”。実は、ダイエットしたい人だけにとどまらず、多くのスポーツ選手も取り入れていて、まさにプロも選ぶトレーニングなんです! ということは……効果も期待できそうですよね。

そこで今回は、プロも注目の体幹トレーニングについて、詳しくみていきたいと思います。 

 

■この姿勢が欠かせない!

これまで『美レンジャー』でも何度か体幹トレーニングについてご紹介してきました。“体幹”つまり、体の土台である“芯”を鍛えるという同じ目的があるためか、過去記事「1つの姿勢だけで!“年末年始のドカ食い”を一気に消費するワザ」「1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ“体幹トレーニング”」「知らなかった!女性が“体幹を鍛える”と劇的にキレイになれる理由」で紹介した方法には、共通する姿勢があるんです。

その姿勢とは、“肘をついた状態の腕立て伏せ”。体幹が弱っていると、この姿勢を取ってからたった数秒でプルプルしてきてしまいます。そこでまずは、この肘つき腕立て伏せポーズで自分の体幹が弱っていないか確認してみましょう。

 

■体幹の弱り具合をチェック!

(1)電車に乗ると座りたくてしょうがない

(2)自然と片脚立ちになってしまう

(3)お腹がポッコリしている

(4)なかなか痩せられなくなってきた

(5)肩こり・首こりがある

(6)太ももの外側が張っている

体幹が弱っていると、真っ直ぐ立つ姿勢が保てず、左右にゆらゆら揺れてしまいます。姿勢を保てないと、筋肉や血行にまで影響が及び、様々な不調を引き起こす恐れがあります。中でも、女性に多い悩みが“太もも”の張り。これも体幹が弱まると招く可能性があるのです。

 

■外ももが太過ぎる原因は……体幹の弱まり!?

姿勢が悪い、体幹が弱まるなどの原因で骨盤が開くと、股関節が外側に出っ張ってしまいます。本来の体は中心(体幹)でバランスを取りたいのですが、股関節が外側になることで重心も外側になってしまい、体がバランスを取りにくくなります。さらに外側の筋肉に余計な力が入ってしまい、その結果、外ももが張ったスタイルへと崩れてしまうことに……。

そんな時こそ体幹トレーニングがオススメ! 上記の過去記事内の動画をチェックして早速、鍛えましょう。

 

体幹を鍛え始めると、自然と体の中心を意識して、“立つ”“歩く”ことができるようになり、結果的にスタイルも外側へ広がらず、スマートな体型に近づけますよ。

 

【関連記事】

たった2分の運動で「キュッと上がった桃尻」を手に入れる裏ワザ

※ 血流アップで疲れ目スッキリ!「眼精疲労」セルフケア

 

【姉妹サイト】

※ あーん飲み過ぎた!働き女子の辛い「二日酔いの朝」に摂りたい食品5つ

※ 彼はどっち?「愛されたい派・愛したい派」はアソコの形で見抜ける