美人に多い!? 巷にいるいる「コスハラ女子」実は迷惑エピソード

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“●●女子”というネーミングが広く使われるようになりましたが、ここにきて気になる生態を持つ女子の存在を耳にするようになりました。美容意識の高い女性こそ注意したい、コスメハラスメント(コスハラ)女子です。

美人に多いと言われるコスハラ女子、あなたも知らないうちにカテゴリー内に入っているかも!? 

 

■1:彼氏にやりがちなコスハラ

「肌が乾燥しているといっては僕の顔に何かを塗りたがる彼女。初めは化粧水だけだったのですが、クリームで保湿をしないととか、目の周りにはアイクリームをとかいってアイテムを追加するようになり、いまではスチームを当てながらマッサージをされます。

でも実は顔を触られるのって苦手なんです……。いまさら嫌だとは言えないし、これってハラスメントでは!?」(広告代理店勤務・クリエイティブ担当・32歳)

良かれと思ってやっていることも、度を過ぎるとハラスメントに!? 確かに大好きな彼の肌が荒れていたら、ついケアしてあげたくなる気持ちもわかりますよね。

ただし、相手がここまでなら良いと思っている線を見極めてあげたほうが良さそうです。

 

■2:お昼休みになんてことを!

「私はいわゆるすっぴん女子です。人並みのスキンケアはしていますが、お化粧はUVケアで日焼け止めを顔にパパッと塗るくらいです。ある日、美意識の高い同僚女子から“お化粧したらもっと美人になるよ!”と言われ、あれよあれよという間にフルメイクを施してくれました。

しかしギャルっぽい彼女のお化粧方法は、地味顔の私には合わなかったようです。帰宅したあと家族に笑われることに。“私ってこんなに綺麗だったのね!”という気づきを与えたかったのでしょうが、若干迷惑というか……」(会計事務所勤務・事務担当・28歳)

スキンケアとUVケアを欠かさないだけでも、十分美意識があると思います! お化粧をしてくれた彼女なりに、あなたの顔が好きだったりするのかもしれませんね。

日頃からお化粧をしていると、すっぴんの女性をさらに美しくしてあげたいという気持ちが湧いてくる人もいるのかもしれません。

 

いかがでしたか? どうやら美意識が高いがゆえに、他人の肌荒れやすっぴんが気になってついお節介をしてしまう親切女子ともいえるようです。

しかし度を過ぎるとたちまちコスハラ女子になってしまうので、ご注意を。

 

【関連記事】

イタすぎ女子になってない?「彼や旦那に嫌われる」NG行動4つ

8割の彼ママが嫁にしたくない!「汚ーラル女子」がやるべき口元ケア

電車内でのアレは絶対NG!「周囲がイラつくカップル」ランキング

ヤダよー!彼も涙目「乳首の悪臭・チチガ」他キケン臭パーツ3つ

※ ティッシュ1枚で美肌再生!ファンデ崩れも楽勝「メイク直し」術

 

【姉妹サイト】

※ 女子の味方!遊びも美容もお得に楽しめる「節約クーポンアプリ」3つ

※ モテ系はむしろNG!? 現代の働き女子がめざす「理想の女性像」が判明