5年以上フィッティングなしが過半数!胸も萎む…女子の「本音ブラ事情」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春は新しい出会いの季節。暖かい陽気にともなって、下着も新調しようとしている人は多いかもしれません。さて、あなたはいつも下着を買うとき、きちんとフィッティングをして購入していますか?

先日、イケメンの下着フィッターが登場する小説『フィッターXの異常な愛情』の著者、蛭田亜紗子さんにインタビューを行いました(「作家・蛭田亜紗子のブラ総論!“みんな寄せて上げたいワケじゃない”」)。インタビュー中、実は女性たちはあまりフィッティングをしていないのではないかという疑惑が持ち上がり……。

そこで、『美レンジャー』が20~40代女性500人に緊急調査! 女性のリアルな下着事情をアンケートで調べてみました(協力:クリエイティブジャパン)。

 

■1年未満にフィッティングはたった2割

アンケートで最後に下着(特にブラジャー)のフィッティングをした時期を質問したところ、以下のような回答が得られました。

1位・・・15年以上前(23%)

2位・・・1年未満(22%)

3位・・・1~3年前(20%)

4位・・・3~5年前(15%)

5位・・・5~7年前(10%)

6位・・・7~10年前、10~15年前(各5%)

なんと15年以上もフィッティングをせず下着を買っている人と、1年未満でフィッティングをしている女性が僅差で1位と2位を占めたのです! 対象的な2タイプの女性が上位を占めるとは意外な結果ですよね。

5年以上という方が半数以上を占めるということからも、やはりフィッティングをしない女性が多いということが分かります。

 

■キレイなバストにフィッティングが必要な理由

また、「お気に入りのフィッターはいますか?」の問いには、「いない」との回答が94%。残念ながら頼れるフィッターがいない女性が多いことがわかりました。

下着メーカーのPR担当の方によると、下着は本来、買うたびにフィッティングを行うべきなのだとか。同じブランドのものでも、カップには若干の差があるため、きちんとフィッティングをするのが良いようです。

前出の蛭田さんは今回の小説を書くため、実際に何カ所もの下着売り場を訪れ、フィッティングをしてもらったそうです。すると、中には服を着ている状態を見ただけで、サイズを当てるようなフィッ ターさんもいたとか! 

「やはり、押しつけがましくなくて、自分がどんな下着を求めているのかを考えさせてくれるフィッターさんがいいなと感じました。最終的に、ワキ肉もしっかり収まっている理想の1枚を見つけることができましたよ」とのこと。

やはり買い替えるたびにプロの意見をあおぐのは、私たちにとっても良いようです。

 

フィッティングをすることで、1~2カップくらい上がるのはよくあることだそう。みなさんも、新しい下着を購入するときには、ぜひフィッティングをしてから選びたいですね。

 

【関連記事】

※ お泊りデートが最悪に!彼のテンションガタ落ち「魔の下着」5つ

※ いつでもできちゃう!3ステップでくるくる「便秘解消」マッサージ

※ パンツ失敗談あるある!同性から見て「ありえない下着」1位は?

※ 恋愛運が急上昇!? 下着のチョイスに取り入れたい開運カラー

 

【姉妹サイト】

※ 吸って吐いて60秒!職場でできて効果絶大「腰痛解消」簡単テク

※ 初心者から上級者まで!本当に使える「英語学習Webサービス」3選

 

【参考】

※ ボイスノートインターネットリサーチ – クリエイティブジャパン 

蛭田亜紗子(2015)『フィッターXの異常な愛情』(小学館)