最強コスパで大人もツルツル肌!「ベビーパウダー」使い道あれこれ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラッグストアの赤ちゃんコーナーに必ずあるのがベビーパウダー。“ベビー”という名前がついていますが、赤ちゃんだけに使うものと思い込んでいてはもったいない!

赤ちゃんのようなモチモチのツヤ肌になれるほか、使い道があれこれあります。大人の女性が活用すべきベビーパウダーの意外な活用法をご紹介しましょう。

 

1:ファンデーション代わりに

ベビーパウダーには汗や肌荒れを抑える効果があるため、顔に直接つけるとすべすべのお肌にしてくれるんです。メイク下地や日焼け止めを塗った後に、さっとベビーパウダーをファンデーションの代わりにはたけば、ナチュラルメイクの完成です。

ファンデーションを塗らないなんて自信が無い……という方なら、ファンデーションを塗った後のフェイスパウダーとして活用してもOKです。

 

2:絡まったネックレスをほどくときに

ネックレスはしまっている間によく絡まってしまって、ほどくのに苦労するものです。そんなときに活躍するのがベビーパウダー。

ネックレスのもつれてしまった部分にベビーパウダーをさっとかけると、パウダーが鎖同士のすべりを良くしてくれるため、あっという間にほどけるのです。

 

3:ファーのお手入れに

冬の間に使ったファーのマフラーなどを、ベビーパウダーで簡単にお手入れすることができます。

ビニール袋にファーを入れ、全体にベビーパウダーがかかるように適量入れ、あとは袋の口をしばって袋ごとまわして、全体にパウダーがまわるようにします。最後は袋から出して洋服ブラシを使って、全体をブラッシングして終了。

これは、ベビーパウダーが脂分などを吸着する性質を利用しています。

もちろん、本来赤ちゃんに使う目的と同じように、風呂上がりの清潔なお肌に、首やワキまわりなどの汗をかきやすい部分にパウダーをはたいておけば、これから汗ばむ季節になったときの消臭、制汗効果ももちろん期待できます。

 

ベビーだけじゃなくて大人だって使いたいベビーパウダー。ぜひ一家に1つ用意してはいかがですか?

 

【関連記事】

※ コスパ抜群!毎日のケアにちょい足し「ベビーパウダー美容法」とは

※ コツはたった2つ!カレが「思わず触れちゃうベビー肌」の作り方

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

※ ティッシュ1枚で美肌再生!ファンデ崩れも楽勝「メイク直し」術

 

【姉妹サイト】

※ 「何もしてない」は嘘!? 痩せ子の台所で発見したポチャ子との違い3つ

※ いったい何が違うの?「お金持ちになる人」に共通する5つのマインドセット