美味しい筍の目印…分かる?旬の「春野菜」失敗しない選び方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

えぐみがスゴッ・・・にならないための「春野菜の選び方」基本のき

“生育適期”に育てられ、ビタミンやミネラルを豊富に含むのが旬の野菜。栄養価だけではなく、うまみもギュッと詰まっていて美味しいですよね。

しかし、なかには食べ頃を過ぎて、えぐみを感じさせるものもあるので、慎重に選びたいところ。

そこで今回は、今が旬の春野菜を美味しく食べるための見極め方について、お話していきたいと思います。

 

■1:たけのこ

生食も良し、炊き込みご飯にしても、煮物にしても良しの“たけのこ”は、3~5月が旬。脳や神経の働きを活発にしてくれる“チロシン”を含むため、記憶力・集中力を高めたいという人にもオススメです。

(1)穂先が黄色くて、開いていないもの

(2)切り口が白く、ぬめりが少ないもの

(3)下に向けて太くなっているもの

 

■2:グリーンピース

えんどう豆の未熟な実のことを、グリーンピース(実えんどう)といいます。グリーンピースは、高い美肌効果を持つ“アスパラギン酸”をはじめ、β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンCといった女性に嬉しい栄養素をたっぷりと含む野菜です。

お米と一緒に炊いて豆ご飯にしたり、炒めておつまみにしたりしても美味しく食べられます。

(1)粒の大きさが均一で、端から端まで詰まっているもの

(2)さやがみずみずしく、張りのあるもの

 

■3:菜の花

春野菜の代表“菜の花”には、ほうれん草の約3.5倍のビタミンC、ピーマンの約5倍のβ-カロテンだけではなく、カリウムや鉄分も豊富に含まれています。

そのほかにも、“イソチオシアネート”というアブラナ科特有の辛味成分を含んでいることから、抗がん作用に期待されています。

(1)つぼみが閉じているもの

(2)葉や茎が柔らかいもの

(3)切り口がみずみずしいもの

 

いかがでしたか? 春野菜は、5月頃までスーパー・青果店などに並びます。「今まで、選び方を気にしていなかった」という人は、参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ やらかしがち!今さら聞けない「ビュッフェでの正解マナー」5つ

いちご狩りでも失敗ナシ!フルーツ4種「美味しさの見極め方」

みるみる痩せ体質に!「朝フルーツ習慣」で目指せスリムボディ

知らないと損!定番野菜の栄養を「より効果的に摂る」食べ合わせ

※ ティッシュ1枚で美肌再生!ファンデ崩れも楽勝「メイク直し」術

 

【姉妹サイト】

※ 新社会人必見!銀行を賢く使って「お金を管理する」3つのポイント

※ ちょっと試してみて!「仕事がうまくいかない時」にまずやるべきこと5つ