炊飯器で超絶ラクチン!「本格アップルケーキ」ができちゃった

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一家に一台はある“炊飯器”。『美レンジャー』ではこれまでにも、炊飯器を使ったチーズケーキや蒸しパンのレシピをご紹介してきましたが、みなさん読んでいただけましたか? 

今、「炊飯器スイーツは、もうネタ切れじゃない?」と思ったそこのあなた! 実は、まだまだあるのです。

今回は、リッチな休日にもピッタリ! 焼いて・混ぜて・スイッチを入れるだけの“炊飯器アップルケーキ”を作っていきたいと思います。

 

■“炊飯器アップルケーキ”材料

【材料】(3合炊き炊飯器用)

・りんご・・・1個

・ココナッツオイル・・・適量

・ホットケーキミックス・・・200g

・卵・・・1個

・豆乳・・・120ml

【期待できる美容・健康効果】

・りんご・・・活性酸素を抑制してシミを予防、便通改善、疲労回復などに働きかけます。

・ココナッツオイル・・・女性ホルモンのバランスを整える、脳を活性化する、腸内環境を整える、免疫力を高めるなどの効果に期待できます。

・卵・・・筋肉を強化して代謝アップ。健康な肌・爪・髪作りをサポートしてくれます。

・豆乳・・・大豆イソフラボンが肌をみずみずしく保ち、大豆サポニンが糖や脂肪の吸収を防いでくれます。

 

■“炊飯器アップルケーキ”作り方

【作り方】

(1)フライパンにココナッツオイルを入れて加熱し、薄切りにしたりんごを焼く。

(2)ホットケーキミックス、卵、豆乳を混ぜて、生地を作る。

(3)(1)のりんごが冷めたら、炊飯器の内釜に敷きつめる。(りんごが余るようなら、生地の上部に乗せたり、刻んで生地に混ぜたりしても良い)

(4)その上に、(2)の生地を流し入れたら、炊飯器のスイッチをON(通常モードで炊きます)。

これで、ココナッツがほのかに香るアップルケーキの完成です。もし、生の部分があるようなら、再度炊飯ボタンを押して、出来上がりを待ってみてください。

 

りんごを加熱すると、水溶性食物繊維・ペクチンの働きが増すので、便秘でお悩みの人は覚えておくと良いでしょう。また、ペクチンやりんごポリフェノールは皮の部分に多く含まれているので、皮をむかずに調理することをオススメします。ぜひ、作ってみてくださいね。また、炊飯器の機種によって仕上がりが異なったり、またはケーキ作りに適さない場合もありますので、取扱説明書などでご確認ください。

 

【関連記事】

※ 春キャベツでトライ!話題炸裂「沼サン」美容ライターも作ってみた

まるで罪悪感なし!美容食材も投入「レンチンドーナッツ」レシピ

スイッチONで出来上がり!「炊飯器で作る」激うまチーズケーキ

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

※ 神がかり的!?夜食べるだけで「ストンと痩せ体質」…魔法の食材4つ

 

【姉妹サイト】

※ マクドナルドがアパレルに進出!? この夏アメリカで流行りそうなもの2つ

※ コレ言ったらアウト!確実に反感を買う「クライアントへのNGワード」3つ