3月27日はさくらの日!「桜の花」が秘める凄い美容パワーとは…

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、東京都心でソメイヨシノの開花が発表されました。今年は平年よりも少し早い開花だったようです。

さて、みなさん、今日3月27日は「さくらの日」だということをご存知ですか? さくらと“3(さ)×9(く)=27”の語呂合わせと、七十二候の一つ「桜始開(さくらはじめてひらく)」が重なる時期であることから、1992年に日本さくらの会が制定した記念日だそうです。

日本の歴史や風土と深くかかわってきたさくらを通じて、自然や文化について関心を深めて欲しいという願いが込められているとのこと。

桜というと、その美しさを愛でるものと思っている方が多いと思いますが、実はその美容パワーもかなりのものなんですよ。それはバラにも劣らないとか。

今回は、桜の花を美容の面から見ていきましょう。

 

■桜の花びらから抽出したエキス

桜の花エキスは、その名の通り桜の花びらから抽出するエキスのこと。桜の花は散るのが早く、エキスの抽出などが量産できずに化粧品や健康食品の成分として利用するのが難しかったようです。しかし最近は研究が進み、少しずつ商品が増えているそう。

桜の花エキスに期待される美容健康効果には、美肌や美白の他に、老化現象の一つである“糖化”の防止、炎症の鎮静等が挙げられます。早速スキンケア等にも取り入れてみたいですね。

 

■桜の花エキスが持つすごいパワー

上記の中で、桜の花エキスの美容効果として最も注目すべきは、老化の原因である“糖化”を防ぐ効果が期待できることです。

糖化とは、体内の余分な糖分がたんぱく質と結びつくことを言います。体内で糖化が進むと肌細胞が黄色くくすみ、肌の透明感が奪われます。“黄ぐすみ”とも呼ばれる老化症状の一種です。桜の花エキスには、これを抑制するのに効果的な働きがあるとされています。

また、桜の花エキスにはお肌のハリや弾力を保つのに必要なコラーゲンの生成を促進する働きもあるそうです。コラーゲン量の減少はしわやたるみの原因にもなるため、エイジングが気になる人にとって桜の花エキスは注目すべき成分と言えるでしょう。

 

上記以外にも桜の花の香りには、食欲の増進作用や咳を止める等の効果も期待できるとされています。観てもよし、香りもよし、お肌につけてもよし、と女性には嬉しい桜の花。これから桜の花エキス配合の商品も増えてきそうな予感。みなさんもぜひ注目してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ イタ過ぎ女子に認定!お花見でゲンナリされるNGファッション5つ

※ 10年後…後悔しても遅い!? 「お肌の老化が加速する」NG行為5つ

※ 放っておくとドンドン老ける!? あなたの「かくれ老化」度を判定

※ 脱オバ眉!若返りの法則「マイナス5歳を実現できる」眉毛の描き方

※ 「憎っくきクマ」の原因は3つ!各1分のお手軽ケアで脱老け顔

 

【姉妹サイト】

※ 同僚男子もガッカリ!職場のお花見で「絶対しちゃダメ」なNGルックス5選

※ たった10分でスッキリ!新生活の職場ストレスが激減するコツ3つ

 

【参考】

桜の花エキス – わかさの秘密