1日は「あずきの日」!小さな粒に含まれる●●は赤ワイン以上

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月1日と聞いて、まず思いつくのはエイプリルフールでしょうか。でも、さまざまな記念日を調べてみると、毎月1日は「あずきの日」でもあるんです。日本最古の歴史書「古事記」にも登場するという“あずき”。古くから毎月1日と15日には、小豆ご飯を食べる習慣もあったそうですよ。

そこで今日は「あずきの日」にちなんで、あずきにまつわる美容情報をご紹介したいと思います。

 

■あずきは昔“薬”だった!?

「あずきの日」を制定したあずき製品を扱う『井村屋グループ』のホームページによると、古くは、薬として使用されていたこともあるというあずき。豊富な食物繊維やビタミン類を含む他、外皮に含まれる“サポニン”という成分には、むくみ防止、便秘改善等にも効果的とされています。

また、貧血・冷え性の改善や疲労回復などにも効果が期待でき、昔は、食べ物というよりも薬効のある食材として珍重されていたこともあったそうです。

 

■老化防止にはぜひあずきを!?

さて、そんなあずきにはポリフェノールも含まれています。アンチエイジングと言えば、抗酸化作用を持つポリフェノールが有名。

実は、あずきには赤ワインよりも多くのポリフェノールが含まれているのだとか。しかも、ポリフェノールは煮汁に多く溶け出し、あんこに加工してもポリフェノールは残るそうです。赤ワインを毎日飲むより、食後のおやつにあずきで作られた和菓子を食べるようにするのもいいかもしれませんね。

 

利尿作用、便通にも効果的とされるあずき。あの小さな一粒に女性に嬉しい美容健康効果がたくさん詰まっています。これを機に積極的に食べてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ やっぱ豆腐にはアレ!「栄養吸収がグンと良くなる」食べ合わせ3種

※ しじみ汁より効果的!?「二日酔いの肝臓を助ける」意外な食材とは

※ 女性の死因1位「大腸がん」は野菜不足の影響も!適正量を摂るテク

※ オリーブオイルは●●と!「ダイエットに最適」食べ合わせ3種

※ 肉抜きで低カロリー!超絶美味な「ミートなしソース」の作り方

 

【姉妹サイト】

※ さっそく唱えてみよう!成功者が毎日何度も使っている「魔法の言葉」3つ

※ 綿密な作戦があったんだ!「プロ彼女」が芸能人を虜にする理由と

 

【参考】

※ あずきの健康パワー – 井村屋

※ 月刊「自然食ニュース」テキストデータ 2013-01(470号)