指先も春爛漫!心弾む「イースターネイル」で大人キュートを満喫

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春になるにつれ、ファッションも軽やかになりますよね。ファッションに合わせてネイルデザインもチェンジしたいところ。気になるのは今年のトレンドですよね。

そこで今回は、ネイリスト・黒崎えり子さんが主宰するネイルサロン『erikonail(エリコネイル)』から発表された今春のトレンドネイルのデザインと、ジェルネイルを長持ちさせるコツをご紹介します。

 

■2015年春は“イースターネイル”が旬に!?

日本ではまだ耳慣れない“イースター”ですが、海外ではクリスマス同様、街中も華やかになり、お祝いムードに包まれます。

イースターと言えば、カラフルなたまごやうさぎのモチーフが必須アイテム。これに因んで、“イースターネイル”とは、POPなたまご等のデザインを取り入れたネイルを指します。可愛いイースターバニー(うさぎ)を描いたり、ネイルのかたちをイースターエッグ(たまご)に見立てて、春らしいパステル調の色合いやフラワー柄をペイントしたりと、楽しみ方は様々です。

 

■プロ直伝!ネイリストお勧め“イースターネイル”デザイン2選

ここでは、『erikonail』お勧めのイースターネイルデザインを2つご紹介します。

(1)リアルなイースターバニーで“大人キュート”に

ペールトーンのパルテルカラーをベースに、バスケットから覗き込む2匹のイースターバニー、フラワー柄をデザインした大人キュートなイースターネイル。小指をよく見ると、可愛らしいうさぎのしっぽが描かれていてアクセントになっています。

(2)小ぶりな花柄をアクセントに!

オフィスでもイースターを楽しみたい女性には、清潔感があり、落ち着いたピンク色に、花柄のアクセントがお勧め。指先から満開の春を楽しめるデザインです。

 

■サロン帰りの仕上がりを長くキープするコツ

サロンに行って綺麗に仕上がったネイル。できるだけ長く綺麗な状態をキープしたいですよね。ここでは、次にサロンへ行くまでに自分でできるセルフケアについてご紹介します。

(1)トップコートを塗る

ふと気が付くとネイル自体が汚れていることが……。サロンでネイリストがトップコートを塗ってくれなくても自宅に帰ったら必ず自分でトップコートを塗りましょう。トップコートを塗ると、サロン帰りの状態に簡単に戻ります。

(2)ハンドクリームを塗る

手、特に爪の生え際が乾燥するのはあまり良くないです。季節を問わず、保湿を心がけましょう。ハンドクリームのベトつきが気になる人は、ネイルオイルを爪の根元に塗るだけでもOK。

(3)家事をする時はゴム手袋をする

食器を洗ったり洗濯したり、ジェルネイルがお水に浸かる頻度が高いとはがれやすくなります。家事をする時は、面倒でもゴム手袋をするようにしましょう。

 

いかがでしたか。日々のちょっとした努力でサロン帰りの綺麗な状態をキープできます。今回の記事を参考に、今年トレンドの“イースターネイル”も可愛く長く楽しんでみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 簡単ツヤツヤ!仕上がりプロ級「ドライヤーで内巻きブロー」テク

※ 実は簡単!伸びた「ジェルネイル」自分で長持ちリペア術

※ 女子の感覚とは違う!モテ子はしない「男ウケ最悪ネイル」7つ

※ 北川景子から彦摩呂まで!これは使える「有名人の美の秘訣」まとめ

※ 肩はガチガチ目はショボショボ!「デスクで即できる」疲労解消まとめ

 

【姉妹サイト】

※ ぶっちゃけ行きたくない!若手社員が「会社の花見」をパスする理由3つ

※ 週5は好きに食べてOK!米国発「6週間で-5キロ」の最強ダイエット

 

【参考】

イースターネイルで2015年春を指先からハッピーに!- エリコネイル