知らなきゃ損!めっちゃ効く効く「ストレッチのゴールデンタイム」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運動よりも手軽なストレッチを習慣にしている人も多いと思います。ストレッチの効果は感じていますか? せっかく毎日時間を割いてストレッチをしていても、タイミングによってはその効果が発揮できないことがあるんです。

そこで今回は、ストレッチを効果的に導いてくれるゴールデンタイムについてご紹介したいと思います。

 

■体がより動きやすい時間帯とは

1日の中で最もストレッチをオススメしたい時間帯、それは入浴後です。体が温まっている状態は、まさにストレッチのゴールデンタイム! 筋肉の伸び縮みを感じることができるでしょう。

また、関節の可動域という“動かせる範囲”も入浴後のほうが広がります。関節の可動域が広がれば、普段からケガをしにくくなったり、筋肉もうまく使えるようになり代謝もアップするので、ダイエット効果も期待できます。

 

■寝起きのストレッチにご用心

さて、朝はどうでしょうか? 「寝起きもストレッチするべき」という意見もありますが、ちょっと待ってください。確かにお布団の中で体が温まっているイメージもあるかもしれませんが、実は“朝は体温が下がっている”時間帯なんです。ここでやみくもにストレッチを始めると効果を感じられないどころか、体を痛めてしまう可能性もあります。

そこでオススメなのが、ラジオ体操のようなリズミカルで体を温める作用のある動き。以前「危険!運動前に“やってはいけない”NGストレッチがあった」でご紹介しましたが、“動的ストレッチ”と言って体を温める作用があります。これを行うのがベターです。

 

ストレッチの作用を上手く活用してタイミングよく取り入れることで、今まで以上に効果が感じられるはずです。是非ストレッチのゴールデンタイムを意識して行ってみてくださいね。 

 

【関連記事】

たった1分!超簡単なのに「みるみる肩こり解消ストレッチ」

※ 最強の1分朝活!肩甲骨ストレッチで「1日中脂肪が燃えやすい体」に

ストレッチ不要!「垂れたお尻」をツンと上向きにする魔法の立ち方

【動画あり】華奢な二の腕になる!「ねじれ解消ストレッチ」

 

【姉妹サイト】

※ あのディズニー人気のショーを家で体験できる「ハコビジョン」とは?

※ 職場での印象にも影響!働き女子が「洋服ダンスを整理すべき」3つの理由