やった人から確実に変わる!光感じる「ツヤ肌」を作る3つのテク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今のベースメイクのトレンドは、ツヤがあり、素肌感を感じられるメイク。しかし、自分で試してみると「なかなか上手にできない」と感じる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、いつものベースメイクに3つちょい足しするだけで、今流行のツヤツヤ肌に見せるメイクのコツをご紹介します。

 

■1:まぶた&ノーズラインに“クリームシャドウ”でツヤ感を

ツヤっぽさを出すには、目元にクリームシャドウを使うのがおすすめ。手の甲に出して指でポンポンと少しずつまぶたにのせていくだけでOK。まぶた全体にウエットなツヤと透明感が出ます。ベージュやイエロー系の色味のものが使いやすいですよ。

さらに、指に残ったクリームシャドウを、目頭と鼻筋の間のくぼみにポンポンなじませるのがポイント。この部分にツヤが出ると、一気に肌全体がツヤっぽく見えます。

自然に仕上げたい人は、細くアイラインを引いて仕上げます。目力を出したい人は、普段締め色として使っているアイシャドウを、まつ毛の生え際にアイラインを引くように細めに入れると、目に深みが出つつも自然に仕上がるのでおすすめ。

 

■2:“頬骨ハイライト”で横顔がキラリ!

自分の顔は正面から見ることの方が多いですが、他人は自分の横顔を見る機会の方が多いので、横顔からの見られ方はとても重要。特に頬骨の一番高いところにツヤがあり、光を感じられる人はハリがあり、健康的に見えます。

そこで、細かいパールが入っているパウダーハイライトを頬骨に沿って斜めに入れます。頬骨の一番高いところから、こめかみ手前まで入れると横顔美人度がグッと高まりますよ。

 

■3:眉下には“一筋ハイライト”を!

顔の中で、Tゾーンや頬骨といった高い部分に光を感じられると顔全体にツヤ感が生まれます。Tゾーンにはハイライトを入れているという人も多いのではないでしょうか。Tゾーンや上記でご紹介した頬骨に加え、もう1ヵ所入れたいのが眉下です。

眉山から眉尻にかけてハイライトを入れることで、ツヤっぽさが出るだけでなく、眉やまぶた付近にメリハリや透明感が生まれます。アイシャドウブラシなどで細めに一筋入れ、指でなじませるだけでOK。簡単でおすすめです。

 

以上、簡単にツヤ肌に見せるちょい足しメイクを3つご紹介しました。どれも簡単にできるので、是非試してみてくださいね。

 

【関連記事】

3つを平行…で出来た!「ミランダ・カーの愛され顔」メイクのコツ判明

平行眉どころか変眉に!「絶対やってはいけない」眉毛の描き方5つ

職場男子の視線が変わる!彼女にしたい「上品モテ子」のメイクテク

※ 簡単ツヤツヤ!仕上がりプロ級「ドライヤーで内巻きブロー」テク

これはイタイ!実は「目を小さく見せてる」勘違いNGアイメイク

 

【姉妹サイト】

※ 桜を見たらさっさとお店へ!? 今年のお花見は「別バラ族」が出現

※ 勝負は退社前の5分!デキる働き女子が「帰る直前にやるべきこと」3つ