4月は要注意!女子の「気分ダダ下がり原因1位」憎い●●改善テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木々も芽吹く春がやってきました。新しい環境や人間関係で周囲が一変する人が一番多い季節です。こんなときは、誰もが好印象を残したいものですよね。

『株式会社マンダム』では、18~39歳の女性を対象に、新生活と肌トラブルに関する調査を行いました。今回は、この調査結果を基に、新しい環境でもストレスを溜めずに美肌を保つコツをお伝えしましょう。

 

■新生活とお肌の関係

新しい環境に体調と心が馴染むまでに、肌が不安定になると感じている人は、全体の約67.8%にものぼることがわかりました。新しい体験が多いと、興奮した交感神経(代謝を活発にする)が落ち着くまでにしばし時間がかかることもあるようです。帰宅してからすぐにリラックスモードに入って、副交感神経(体を休めるときに働く)が優位な状態になるようにできるとよいでしょう。

 

■せっかくの新環境が肌あれで気分ガタ落ち

新生活に備えて、ファッションを新調したり、新しいメイクにトライしたりする気持ちが芽生えますよね。ところが、肌あれをしていると、気持ちががっくりとしてしまう人が多いことがわかりました。

全体の86.3%にものぼる人数が、肌の調子に気持ちが左右されているというのは新しい発見かもしれません。それだけ、肌あれと気分には密接な関係があるよう伺えます。

 

■気分がふさぎ込む…気になる第1位は!?

上記の調査によると、髪型が決まらないことより、肌あれ、ニキビができているともっとも気分が落ち込んでしまうと思っている人が多いことが明らかになりました。メイクをしても赤みや凹凸が見えやすいニキビは、ストレスになることも……。大人ニキビを作らないよう、対策が必要なようです。

また、大人ニキビができてしまう人たちの間では、ストレスがニキビの大きな原因だと捉えている人が多いようです。確かに、皮脂腺のつまりが主な原因になりやすい10代ニキビと、不規則な生活やストレスによってできやすい大人ニキビとに分けて考えることができるかもしれません。

 

■新生活に慣れるまで、ニキビを作らない5カ条

(1)規則正しい生活を心がける

新しい環境に入ると、つい寝不足や休日は寝溜めをするなど、就寝時間と食事の時間が乱れがち。タイムスケジュールを決めてしまうだけでも心身への負担が減るでしょう。

(2)無理をしない

新環境でより良い人間関係を築こうとちょっと無理をすると、知らぬ間にストレスになっていることも。ありのままのあなたでいるように心がけましょう。

(3)同時にいくつものタスクをこなそうとしない

少しでも良い成果を残そうと、慣れていない環境でマルチタスクを取り入れると、余裕のない状態になってしまいます。

(4)八方美人にならない

歓送迎会の機会も増える時期です。二次会の参加は気乗りしない……。そんなときは丁寧にお断りしましょう。八方美人になって無理をするよりも、体調を整えて明日に備えるほうが健全です。

(5)オンとオフの時間をはっきりと切り替える

交感神経優位のまま眠ろうとすると、目が冴えてしまうことが多々あります。帰宅後は間接照明に切り替えて、リラックスできる部屋着を身につけるなど、公私をはっきりわけましょう。

 

これらは新しい環境になっても、私生活と自分の時間を持つことを守る行為です。無理をせず、迷惑をかけず、大人ニキビ知らずの肌になりたいものですね。

 

【関連記事】

※ 出会ったら即チェック!彼の「本性・肉食度・将来」が分かる3ポイント

※ 新社会人よ注意!メイク初心者が陥りやすい取り返し不能な3大ミス

※ 突然のお泊まりでも慌てない!「ポーチに忍ばせるべき」三種の神器

初対面で43%が幻滅!外見よりも口臭が男女の出会いに重要と判明

※ 目元に桃の色香!ブームの「ドファサルメイク」で印象的美女に

 

【姉妹サイト】

※ 「新しい職場での不安」1位は人間関係!愛されOLになる3ヶ条とは

※ お得意先も大喜び!デキる働き女子の「手土産スイーツ」お取り寄せ3選

 

【参考】

新生活と肌トラブルに関する調査  – マンダム