栄養は今がピーク!もっと食べたくなる「キャベツのへぇ~」あれこれ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「揚げ物の付け合わせとして食べる以外、口にする機会はほとんどない……」と、脇役にされてしまいがちな野菜‟キャベツ”。実は、今市場に出回っている‟春キャベツ”は、一年の中でもっとも栄養価が高まっているってご存知ですか? それなのに、食べないなんてもったいないですよね。

そこで今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、“キャベツ”にまつわる「へぇー」についてお話していきたいと思います。

 

■美肌にダイエットに嬉しい“キャベツの栄養素”おさらい

ここでは、キャベツに含まれる代表的な栄養素をおさらいしていきましょう。

(1)ビタミンC・・・皮膚や粘膜の健康維持、免疫力UP、抗ストレス作用

(2)ビタミンU・・・胃酸の分泌を抑えて粘膜の修復を助ける、胃腸の新陳代謝を活発にする

(3)食物繊維・・・腸内環境を整える

(4)β-カロテン・・・強力な抗酸化力による老化防止効果

キャベツの代表的な栄養素といえば、ビタミンCです。なんと、キャベツの葉を2~3枚食べることで、一日に必要なビタミンCの約50パーセントを摂取できるといわれているほど。

特に、春キャベツは、冬の厳しい環境下で育ったこともあり、通常のキャベツと比べてビタミンCやβ-カロテンの含有量が豊富。強い紫外線に負けない美肌を作るためにも、積極的に摂取することをオススメします。

 

■お悩み別キャベツの食べ合わせ

次に、お悩み別・キャベツの食べ合わせをご紹介します。

(1)胃腸を強化したい・・・キャベツ+にんじん・かぼちゃ・モロヘイヤ(ビタミンU+β-カロテン)

(2)風邪を予防したい・・・キャベツ+豚肉・レバー・豆類(ビタミンC+ビタミンB1)

(3)骨粗しょう症を予防したい・・・キャベツ+牛乳・小魚・大豆製品・緑黄色野菜(ビタミンK+カルシウム)

「新生活の疲れが出てきて、調子が悪い……」という人は、是非参考にしてみてください。

 

春キャベツの葉は柔らかく、生食に適しています。生食することで、ビタミンCの流出を防げるので、美味しいとキレイの一石二鳥ですよね。

栄養がギュッと詰まった旬の野菜を上手に取り入れ、美容・健康の維持、向上に役立ててみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

●●の芯は500円玉サイズ以下で!「美味しい春野菜」の見分け方

※ ミランダもローラも食べてるって!新「美容フード」は●●に決まりッ

※ 250kcal超えも!? つい深夜に食べちゃう「人気アイス4つ」カロリーは…

※ 「結局いつも痩せない人」がほぼ当てはまる!残念女子の朝習慣2つ

※ 見た目年齢が5才は違う!「チークを入れる正しい位置」とは…

 

【姉妹サイト】

※ 言ったが最後!彼の気持ちがみるみるシボむ「恋愛中のNG発言」4つ

※ ぽってりお腹を凹ませる!オフィスに常備したい「ダイエット食材」3つ