その頬に…彼も彼女もドキッ!いま一番可愛い「血色チーク」の作り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが今、“血色チーク”と呼ばれる、お肌の内側から火照ったような自然なチークが注目されているのをご存知ですか?

チークやリップにはっきりとした濃い色を使うと、派手な印象になるため、男性ウケは悪い……でもだからと言って薄くすると血色が悪く、幸薄い印象になってしまうことも。意外とそのバランスが難しいチークですが、血色チークはこれらの悩みも解消してくれるんです。

そこで今回は、トレンドの“血色チーク”の作り方をご紹介します。

 

■モテメイク!血色チークの作り方

(1)クリームチークを使う

ツヤ感のあるリキッドファンデーションを塗ったあとに、クリームチークを指1本につけ、目の下の頬に1点のせます。

(2)ポンポンと馴染ませる

その後、馴染ませるようにポンポンと優しく叩きながら、広げていきます。指を使うことで、体温で馴染みやすくなります。スポンジを使いたい方は、厚手のものがおすすめです。

(3)ルースパウダーで押さえる

最後に、顔全体をルースパウダーで押さえます。たったこれだけで、火照ったような血色のよいベース肌の完成です。

 

■クリームチークのここがスゴイ!

(1)落ちにくい

パウダーチークに比べて、粉っぽくなく、お肌に密着しているので落ちにくいです。そのため、気が付いたらチークが落ちてる……なんてことを防いでくれます。

(2)保湿感がある

クリームタイプなので、しっとりとツヤ感のあるお肌に仕上がるため、乾燥肌の方にもおすすめです。

(3)ナチュラル

お肌の内側からじんわり火照っているような印象に仕上がるので、なんと言ってもナチュラル! 男性ウケがバッチリなだけではなく、女性から見てもドキッとするような好感度の高い美人顔ができあがります。

 

いかがでしたか? “メイクしてます!”というようなお化粧では、恋を遠ざけてしまうかもしれません。血色チークでナチュラル美人を目指してみてください。

 

【関連記事】

※ 職場男子の視線が変わる!彼女にしたい「上品モテ子」のメイクテク

※ 飲み会後も「メイク直し不要」!真っ黒パンダ目はこれで防げるっ

※ SNSでタグ付けされて呆然…いつ撮られてもOKな写真用メイクテク

※ 目元に桃の色香!ブームの「ドファサルメイク」で印象的美女に

※ 囲い目メイクはNG!一重・奥二重の目を大きく見せる魔法のテク

 

【姉妹サイト】

※ 皮膚科医が伝授!美容液より「断然美肌になれる」身近な食品とは

※ 朝イチに決めたい!仕事の効率を高める「タスクの優先順位づけ」のコツ