フム…そこか!「日本人女子のココが不思議」外国人が激白SP

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際化が進んだ日本ですが、欧米人から見ると、独特の文化と最先端の情報が交差する、“不思議の国”というイメージが強いようです。

今回は、そんな外国人の本音がよくわかるエピソードを『美レンジャー』の過去記事から選りすぐってご紹介します。

 

■私たちの日常が奇異に映る瞬間

久しぶりに会った友人にかける言葉や、海へ遊びに行きつつ美白にもこだわることも不可思議に感じるようです。「外国人が内心“えー!?”と驚いている日本人女性の美意識とは」では、私たちにとっては当たり前の光景が、変わった様子に映ることが紹介されています。

日焼けはしたくないけれど、海には遊びへ行きたいというジレンマによる紫外線対策。外国人にはなかなか理解されないのでしょうか。

 

■一度は外国人とおつきあいしてみたい女性必見!?

恋愛映画のような恋がしてみたい! イケメン外国人を相手に想定して、夢に浸る日本人女子も少なくないとか!? そこで気になるのが、どんな女性が外国人に好かれるのだろうというところ。

「“外国人男性にモテたい”ならNGな日本人女性の独特な美意識5つ」では、わたしたちが良かれと思ってしていることが、すべて裏目にでてしまうことがあるという悲しい現実が指摘されています。

 

■新しいものが好きな日本人?

「日本人はとにかく新しいものが大好きというイメージがあります。建物でも30~50年経過したら壊して建て直す。ヨーロッパでは100年くらい経っていようと、主要都市の建物を壊すことがめったにないので、とても珍しい光景です。

建物でも豪快に壊すくらいだし、目まぐるしく変わるファッション、変わる流行に抵抗なくついていく。友達同士で同じ私服を着ている女の子を見るのにも慣れましたが、新しいものより個性を大切にすればいいのに、とも思います」(ドイツ人・32歳)

言われてみると、ファッション誌で発表されたトレンドアイテムを真っ先に取り入れようとする女性が多いのかもしれません。結果、“新しいもの好き”と言われればそうなのでしょうか。

こんな風に外国人に指摘されてみると「あぁ、なるほどね!」と思ってしまう過去記事が、「外国人が理解に苦しむ日本人女子の変なファッションセンス」です。

 

■自分の意見を大切にしよう

日本語は白黒をはっきりさせにくい言語かもしれません。語尾にならないと、本意が伝わらなかったりしますよね。

そんな日本語の癖もあってか、日本人の態度ははっきりしないようにとられてしまいがちで、外国人をイライラさせてしまうこともあるようです。「外国人から“なんか嫌だな…”と思われがちな日本人女性の特徴」では、そんな日本人が取り上げられています。日本独自の文化については、概要だけでも説明できるようにしておきたいですね。

 

いかがでしたか? お互いが理解しあうためにも、こんな意見もあると知っておくと良いかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 「憎っくきクマ」の原因は3つ!各1分のお手軽ケアで脱老け顔

 

【姉妹サイト】

※ 春は別れの季節だし!友達関係から卒業すべき「毒友」5パターン

※ バレエ界の新スターに学ぶ!「運命を変えたい」働き女子の3つの心得とは