えっ…マスクより使える!? 商品も続々「花粉症予防にスプレー」な理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月も半ば、日差しが暖かくなりコートを脱ぐ人が増えてきました。でも、花粉症対策のためか、マスク姿の人を多く見かけます。

昨今、マスクやメガネなど花粉対策グッズが多数発売されていますが、今年筆者が注目しているのが“スプレータイプ”の対策アイテム。

今回は、スプレータイプがお勧めな理由と、筆者お勧めのアイテムをご紹介したいと思います。

 

■スプレータイプを使うべき理由

今回、花粉症対策アイテムとして、通販サイト売上ランキング上位常連の『ポノレン』を販売している株式会社アイデアルネットの松浦さんに、スプレータイプの製品が花粉症対策に向いている理由について伺いました。

「メガネやマスクは、その形状から花粉をきちっとブロックすることは難しく、花粉の飛散が少ない時はいいのですが、どうしても花粉が大量に飛散した時には、目や鼻が花粉に暴露されてしまいます。それ故、メガネやマスクで花粉をシャットダウンするためにはゴーグルのような形状か、マスクならば隙間ができず、花粉を通さない花粉用のマスクが必要です。

また、メガネやマスクは起きてしまっている症状には無力ということもあります。

患部に直接、そして均一に広げるにはスプレーが一番。クリームでもいいのですが、クリームなどは目の周りや鼻の中に塗るのは難しく、塗った後の感触がよくないという意見もあり、スプレータイプが人気です」(松浦さん)

メガネやマスクでは、完全な防御が難しい場合もあるとのこと。スプレータイプの方がよりブロックで効果を期待できるということなんですね。

 

■筆者お勧め! 花粉症対策(スプレー型)アイテム3選

花粉症歴15年の筆者も毎年たくさんの対策グッズを購入しています。そこで、今年注目しているスプレータイプのアイテムを3つ、各ブランドの方のコメントと共にご紹介したいと思います。

(1)資生堂『イハダ アレルスクリーン』

d5794-251-829370-0

「花粉やPM2.5が、肌や髪に吸着するのを防ぐスプレーです。花粉に加え、PM2.5の吸着も防ぐこと、エアゾール容器の採用により細かいミクロの霧であることが特徴で、ミストが細かい分メイクやヘアスタイルなどを崩しません。資生堂独自の特許技術を採用しています」(資生堂ヘルスケア事業部の前田さん談)

花粉だけでなく、PM2.5の対策にもお勧めアイテムです。

(2)翠松堂製薬『ユッカ ウォーターヴェールn』

195754_xl

「顔はもちろんのこと、赤ちゃんや敏感肌の方も気軽に使える低刺激性の肌に優しい化粧水。気になる時にシュッとするだけで、花粉を肌に触れさせないようケアします。この商品は見えないヴェールで花粉をキャッチしてくるりとコート、破裂させず肌に直接触れさせないようガードします。

また、“モイスチャーコンプレックス”によって角質層の保水力を高め、花粉で過敏になりがちな角質層の乱れや乾燥をケアして肌本来のバリア機能を高め、花粉特有の乾燥やかゆみ、ムズムズ感を和らげます」(ユッカ広報の佐藤さん談)

花粉対策だけでなく肌荒れケアにもイイという商品、試してみてください。

(3)ワイ’ズ『ポノレン』

003

 「天然の食品成分のペクチンとDNA(デオキシリボ核酸)で花粉を吸着し固めてしまうことにより花粉を無力化します。既に付着した花粉に対してもすぐに無力化してしまうため、症状を起こしてしまっている場合にも有効です。製品に全成分を表記していますし、花粉をブロックする成分はいつも食べている食品成分なので安心です」(アイデアルネットの松浦さん談)

 

筆者も今年からスプレータイプを使用しており、気軽に使える上、持ち運びにも便利なサイズで、症状緩和にひと役買ってくれています。花粉症に悩まされている人はぜひ使ってみてください!

 

【関連記事】

※ 見直しました!花粉症防いで美白も叶える…「バナナ」がスゴイ

※ メイクひとつで大違い!「辛い花粉症」を和らげるチョイテク5つ

※ ゆるふわヘアは厳禁!「グシュグシュ花粉症」…女子の防御策4つ

※ 常備しなきゃ!花粉症からストレス対策まで「梅」の実力がスゴイ

※ デスクでこっそり!「肩こり・頭痛…不調緩和に」頭皮ツボ押しテク

 

【姉妹サイト】

※ 新入社員の方がマシ!? 「評価されないベテラン社員」のNGスタンス3つ

※ イケメンなだけじゃダメ?広末涼子の「ブレない」恋愛遍歴まとめ

 

【取材協力】

松浦悠太・・・『ポノレン』正規販売代理店、株式会社アイデアルネット取締役