ほらね華やか!ジミ子にならない「結婚式全身コーデ」4ルール

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4~5月は、一年の中でも結婚式が多い時期。つい無難な黒やネイビーのドレスを選びがちですが、着こなしによっては地味になってしまうことも。特に春は、少し華やかな装いで新郎新婦を囲んだ方が会場全体が明るい雰囲気になりますよ。

そこで今回は、春の華やかお呼ばれコーデのポイントを4つご紹介します。

 

■色・デザイン・小物・ヘアでつくる今年風華やかポイント4つ

(1)人気は鮮やかカラーor女性らしいヌーディーカラー

春は明るいカラーのドレスがおすすめ。鮮やかなブルーやピンク、グリーンといったカラーのドレスは着るだけで華やかに見えます。また、ベージュやサーモンピンクなどの柔らかい女性らしいカラーも人気です。

黒やネイビーなどのダークカラーを選ぶ場合は、デザインで華やかさを出すのがポイント。シンプルなものだと地味になりがちなので、ビーズやビジュー、レースがあしらわれていたり、凝ったデザインのものを選ぶと華やかさが出ます。

(2)ヘアはあえてラフにまとめるのが今年風

ヘアはきちんとしすぎるとフォーマル感が出過ぎて、あか抜けない印象に……。ピチッとまとめるのではなく、あえて手ぐしでまとめたような、ラフでエアリー感がある髪型がおすすめです。人気の編み込みも“きっちり”ではなく、少し髪の毛を引き出してラフに仕上げるのがポイント。

『美レンジャー』の過去記事「たった10分!自分でできるプロ直伝の“お呼ばれヘア”の作り方」では、自分でできる抜け感のあるまとめ髪テクをご紹介しているので、是非参考にしてみてくださいね。

(3)ネックレスはコットンパール、ピアスは大きめで顔まわりを華やかに

結婚式で人気のネックレスといえばパール。中でも今年は“コットンパール”が人気です。普通のパールのネックレスよりも軽やかな印象になり、一気に今年風に仕上がります。また、ピアスは大きめで存在感があるものがおすすめ。顔回りが華やかになり、また、小顔に見えるという視覚効果も期待できますよ。

(4)パンプスはベージュで足元を軽やかに

足元に濃い色をもってくると、やや重たい印象になってしまうことも。ドレスの色にもよりますが、春はベージュ系の明るいパンプスがおすすめ。肌色に近いベージュのパンプスは脚長効果・美脚効果が期待できるので、ドレスをスタイルよく着こなせますよ!

 

■意外と知らない!? 結婚式のNGファッション

華やかさを出すことに気をとられ、マナー違反をしてしまっては元も子もありません。そこで、以下のポイントは結婚式前に確認しておきたいところです。

(1)生脚はNG! ベージュのストッキング着用

(2)黒いストッキングは結婚式では極力避ける

(3)サンダル、オープントゥはNG! つま先が隠れる靴を

(4)全身黒は喪服を連想させるのでNG

(5)露出し過ぎはNG! 場合によってショール・ジャケットを羽織る

(6)ファー、革、動物柄は殺生を連想させるのでNG

 

これらを参考に、マナーを守って華やかに結婚式を楽しんでくださいね。

 

【関連記事】

※ ミランダ流!パーティーで使える「黒ワンピなのに華やか」着こなし術

※ 簡単ツヤツヤ!仕上がりプロ級「ドライヤーで内巻きブロー」テク

ソレ非常識ですよ!超やりがち「結婚式マナー」NGまとめ

花嫁の多くが後悔…「お手入れしとけばよかった」意外なパーツ3つ

 

【姉妹サイト】

※ 女子が選ぶ「新入社員だと嬉しい芸能人」2位は羽生結弦、1位は…?

※ 朝の超時短メイク!同僚バレしない「超絶ナチュラルなつけまつ毛」テク