花見前に確認!男の本音「桜の下で食べたい料理&見たくない女子の行動」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年のお花見の予定は決まりましたか? お花見は賑やかで楽しい反面、意外と場所を取ったり、料理を準備したり、後片付けをしたりと、メンバーの協力が必要なイベント。一致団結できないと、「あの子何?」なんて思われることも……。

そこで今回は、ある調査結果を基に、お花見で周りがシラケる要注意な行動や、お花見を盛り上げるレシピについてご紹介します。

 

■お花見で「コレはないな…」と思うNG行動

お取り寄せグルメやスイーツをスマートフォンから購入できるアプリ『おとデパ(お取り寄せ×デパート)』を運営する株式会社おとデパは、男性50名を対象にした「2015年お花見に関する調査」を実施。

その中で、お花見で「コレはないな……」と思う女の子の行動を伺ったところ、1位は「泥酔する」(56%)となり、男性の半数以上がひどく酔いつぶれることに嫌悪感を抱いている様子。盛り上がって思わずたくさん飲んでしまうこともしばしばあると思いますが、それが悪評価につながっているようです。あくまでも主役は桜ということを念頭に楽しみましょう。

続いて2位は「喋らない」(8%)、3位「座り方」(6%)、4位「下ネタを話す」(4%)、同じく4位「携帯をいじる」(4%)という結果に。

わいわいと楽しい雰囲気に水を差すような行動に「コレはないな……」と思ってしまうようです。みんなと過ごす時間の態度や行動は、しっかりチェックされているということでしょうか。

 

■お花見で嬉しかった“手料理”は?

お花見といえば、手料理もお楽しみのひとつですよね。同アンケートの結果では、お花見で嬉しかった手料理の人気第1位は「たまご焼き」(30.1%)となっています。僅差の第2位は「唐揚げ」(28.8%)、続いて第3位は「おにぎり」(24.2%)がランクイン。

「定番な料理が嬉しい」とのコメントがあり、凝った料理よりも食べやすいシンプルな料理を作ってほしいのが本音のようです。それ以外にはいなり寿司、お弁当、サンドウィッチ、ちらし寿司、煮物、手巻き寿司なども人気がありました。

お花見など、外でご飯を食べるときは食べやすい料理が一番。気が利くアウトドアメニューのコツは以下のようなものです。 

・冷めても美味しい

・時間と共に劣化しにくい食材を使う

・タレやドレッシングが多いものは避ける

・サラダなどは串刺しなどで取り分けやすく、食べやすくする

・一口サイズで食べられるものをチョイス

・彩りを豊かに、詰め方の工夫をする

・お酒のつまみとしても合うものを選ぶ

 

お花見は、あまり話したことのない人とでも打ち解けて話せるよい機会。お招きされた場合でも、お料理の取り分けや買い出しなど、積極的に協力する姿勢を見せると場の空気もより和やかになりますよ。

 

【関連記事】

イタ過ぎ女子に認定!お花見でゲンナリされるNGファッション5つ

※ やらかしがち!今さら聞けない「ビュッフェでの正解マナー」5つ

※ 「その格好で来たの?」と彼にドン引かれるNGお花見ファッション

せっかくの楽しい宴が台無し!お花見でのNG行動5つ

※ 簡単ツヤツヤ!仕上がりプロ級「ドライヤーで内巻きブロー」テク

 

【姉妹サイト】

※ あいつ嫌だな〜!職場の「ウザすぎる同僚」と上手に付き合うコツ5つ

※ 同僚からのSNS申請で便秘に!? 新社会人と腸トラブルの意外な関係とは

 

【参考】

※ 2015年お花見に関する調査 – 株式会社おとデパ