入浴している間に首筋を若返らせるための「ながら美容」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏が近付くにつれて、人目にさらされる機会が増える箇所、デコルテ。デコルテとは、首から胸元にかけてのエリアを指します。人目に付くと同時に、「首筋には年齢が出る」とよく言われているように、放っておけないパーツでもあるのです。

デコルテは頭部を支えている土台的な部分。重いものを支え続けているために、筋肉が疲労し、血管が圧迫されることに! デコルテの血液循環が悪くなると、顔の血液循環も悪くなり、顔色が悪くなったりくすんだり……という悪影響を与えることもあるのです。

デコルテケアというとエステのメニューを思い浮かべる方も少なくないかもしれませんが、美デコルテは、毎日のケアで自分で作ることができます。是非お試しを!

 

■入浴中のデコルテケア

ステップ1:まずはお風呂に入る前に水を1杯飲みましょう。

ステップ2:お風呂に5分間以上浸かります。血行をよくした状態で行うと効果がアップ!

ステップ3:石鹸やボディソープを付けて、ゆっくりデコルテをマッサージします。

ステップ4:おふろ上がりに、利尿作用のあるお茶を1杯飲みましょう。マッサージで流れた老廃物が、体外へと素早く排出されるのを助けます。

 

■デコルテマッサージ法

基本として、中指と薬指など、2本の指を使います。

1. 鎖骨のくぼみ部分にあるリンパ節を骨に沿ってほぐしていきます。

2. 鎖骨部分のくぼみから、外側~中心に向けて、マッサージします。

3. 鎖骨の下から脇~胸に掛けてリンパのつまりを促します。

4. ボコボコした手触り(リンパのつまり)がなくなるまで、ゆっくり指で回しながら解きほぐします。

5. 耳の下部にある、張っている筋肉を指で上下にほぐします。

 

たった5分ほどで完了するマッサージですが、続けることで劇的変化も夢じゃない! 毎日のお風呂タイムにマッサージを加えて、人に見せたいデコルテを目指しましょう♪