起床後ムダに過ごしてない?体も気分もスッキリ「朝の痩せ習慣」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットといえば、運動や食事制限……。しかし、我慢やストレスがたまってくると、「今日はいいや!」という気持ちになりがち。そこから、ズルズルとリバウンドをしてしまうことも珍しくありません。そのため、「もう、痩せられない気がする……」と落ち込んでしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな人にぜひオススメしたいのが、我慢やストレスがたまりにくい“朝の3つの痩せ習慣”。早速、これらをみていきましょう。

 

■1:目覚めのストレッチをする

寝ている間に硬くなった体。ストレッチでほぐしてあげることで、目覚めだけではなく、血流・代謝も良くなります。

ベッドに仰向けになったまま、片足を抱え込んで胸に引き付けてみたり(左右交互に)、ウエストをひねってみたり、足首をグルグルと回してみたりするだけでもOKです。

 

■2:朝食を摂る

朝食は、寝ている間に低下した体温や体の様々な機能を目覚めさせ、代謝を働かせる重要な役割を担っています。反対に、朝食を抜くと、代謝機能は低いまま、昼食の栄養を過剰に吸収してしまうため、太りやすくなります。

朝、何も食べない人に多いのが、「前日の夜、食べすぎてしまって胃もたれしている」「出かけるギリギリまで寝ていて、朝食を摂る時間がない……」ということ。前日の夜・当日の朝の過ごし方をほんの少し改善し、食物繊維(穀物、いも類、豆類、野菜、海藻、きのこ)やタンパク質(卵、肉、魚、大豆食品)を意識した朝食を摂るようにしましょう。

排便が促され、お腹もスッキリしますよ。

 

■3:積極的に歩く・階段を使う

脂肪を分解し、熱を生み出す“交感神経”。この、交感神経が優位になる朝に運動をすると、ダイエット効果を得やすくなります。

一駅分多く歩く、駅や会社では階段を使うなどして、無理なく続けられる運動を習慣にしてみては?

 

以上、痩せ体質を作るための“朝習慣”をお伝えしました。春は、新しいことをはじめるのにも良い季節。これを機に、朝の過ごし方を見直してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

やっぱり飲みたい!「コーヒーでダイエット」気になる3つの方法

みるみる痩せ体質に!「朝フルーツ習慣」で目指せスリムボディ

※ 洗顔は3位!1位は…「すっぴんに自信がある女性」意外な朝習慣

※ 1日たった10秒!驚くほどお腹がへこむ「体幹トレーニング」

元航空会社職員が伝授!「早起きを続ける」何てことない3つのコツ

 

【姉妹サイト】

※ コオロギ、スズメ、りんご…斜め上をいく米国版キラキラネーム集

※ 仕事服に取り入れたい!デキる女風になれる「春の最強トレンド色」が判明

 

【画像】

Tyler Sanford Photography